【辛口レビュー】CHILL OUT(チルアウト)飲むとどうなる?

銭湯などに行くと見かけるこの飲み物【CHILL OUT(チルアウト)

最近では自動販売機でも見かけるようになりました。

エナジードリンクの考え方と真逆の「リラクゼーションドリンク」として知名度が一気に上昇しています。気になるので購入して飲んでみることにしました。

【辛口レビュー】CHILL OUT(チルアウト)飲むとどうなる?

重要なお話を先にするとCHILL OUTCBD商品ではありませんヘンプシードエキスを使用しています。

ヘンプシードとは麻の実のことを意味します。欧米を中心にスーパーフード(健康食品)として注目されており美容関係者も注目のアイテムです。

CHILL OUTではいまいちリラックスできなかったという方はCBDがおすすめです。最近ではドンキでも購入できますので興味のある方は今回を最後までお読みください。

CHILL OUT(チルアウト) とは?

CHILL OUT(チルアウト)はヘンプシードエキスを使用した清涼飲料です。合同会社Endian(エンディアン)が販売しています。日本コカ・コーラ株式会社など大手企業が出資しているとうこともあり安心感や可能性を感じます。

SNSの口コミなどをみても高評価が多いようです。

エナジードリンクを飲んで元気を出そう!ではなくリラックス(チルする)目的で飲んでもらうというコンセプトが若者を中心に人気の理由です。

CHILL OUT(チルアウト)の特徴

CHILL OUT(チルアウト)の主な特徴をまとめました。

AIが導き出したリラックスフレーバー

オリジナルのフレーバーをAIが導き出しました。

4つのリラクゼーションサポート成分

GABA(ギャバ)、L-テアニン、ヘンプシードエキス、ホップエキスなど4種類のリラクゼーションサポート成分が配合されています。

成分(100mlあたり)エネルギー40kcal
タンパク質0.1g
脂質0g
炭水化物9.8g
食塩相当量0.008g
ギャバ20mg
L-テアニン70mg

ギャバに関しては交感神経の働きを抑えて神経を落ち着かせたりする効果に期待されているので睡眠前に摂取すると効果的でしょう。

飲みやすい微炭酸(薄いオレンジ味)

CHILL OUT(チルアウト)は無色透明の微炭酸飲料です。飲み続けても飽きのこないスッキリとした味わいです。

CHILL OUT(チルアウト)はCBD製品ではない

CHILL OUTCBD商品ではありませんヘンプシードエキスを使用しています。CBDを体感したい方はCBD製品を購入するといいでしょう。

最近ではドンキでも購入できるのでCBDの認知度も高まってきていると言えます。

CBDについて詳しく知りたい方はコチラの記事もおすすめです。

CBD効果を求める方は下記をお読みください。

【実際に飲んでみた】CHILL OUT(チルアウト)の効果は?

実際に飲んでみての感想ですが普通に飲みやすいというのが素直な気持ち。

冷やして飲むと更に美味しかったです!

飲み終わった後は、スッキリして落ち着いた気分になりました(個人差あります)銭湯などのお風呂上がりに飲むのがおすすめです。

ホリエモンも飲んでる

こんな動画も発見しました。

忙しい現代社会に休息も必要です。

結局、ポイントが貯まる楽天市場で購入すべし

Amazonも安いですが楽天ポイントを使ったり貯めたりできるので、楽天市場で購入するのがベストかなと個人的には思います。

CHILL OUT(チルアウト)購入できる場所
  • 自動販売機
  • セブンイレブン
  • ドンキホーテ
  • 楽天市場
  • アマゾン

 【まとめ】CHILL OUT(チルアウト)でリラックスした人生を

以上がCHILL OUT (チルアウト)の感想でした。

個人的にはコスパや効果を考えるとCBDアイテムを購入した方が効果を体感できると思います。

リラクゼーションアイテムを使いながら自分に合ったリラックス方法を見つけてみてください。ではまた!

タイトルとURLをコピーしました