最初に読みたい厳選記事

【実体験レビュー】CBDオイルで「キマる」のか?マジメに解説します

CBD

アメリカやヨーロッパの美容・健康業界において自然療法として注目されているCBD(カンナビジオール)

副作用の強い薬に頼ることなく、人間が生きていくために本来持つ機能を最大限までサポートするCBD(カンナビジオール)は頭痛や不眠に悩む多くの人に愛用されています。

CBD(カンナビジオール)は植物の大麻草から抽出される天然物質ということから、マリファナを連想してしまい「ドラッグ」や「違法性」を連想してしまいますよね?そこで多く寄せられる質問として

「CBD オイルを使用するとキマるのか?」

という内容です。

CBD(カンナビジオール)を摂取してキマることはあるのか?もしくは、陶酔状態やハイになったりすることはあるのか?CBD(カンナビジオール)が私達に与える影響について解説します。

↓980円で2週間CBDオイルを試してみたい方はコチラ↓



【結論】CBDで「キマる」ことはありません

大麻草から抽出されるカンナビノイド成分のうちドラッグを摂取したような状態、すなわち「キマる」状態にさせるのは、THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分のみです。

(結論) CBD(カンナビジオール)には「キマる」成分は入っていません。

さらにCBD(カンナビジオール)にはWHOの研究結果により依存性が認められていないというのも重要な項目のひとつであり、ドラッグのようなやめられない感覚は認められていません。詳しくは以下の記事を読んでみてください。

CBD vs THC | 何が違うの?【徹底解説】
現在多くの国で大麻の合法化が進んでいます。医療大麻としての認知も少しずつ前進しており、我々ユーザは CBD と THC の違いをより深く理解しようという次のステップに進もうとしています。そこでCBDとTHCの違いを徹底的にまとめてみました。

CBDで「キマって」しまったケース

それではCBDでキマってしまった人というのはどのようなケースが考えられるのでしょうか?早速、見ていきましょう。

THC(テトラヒドロカンナビノール)が混入していた

CBDオイルの中にTHC(テトラヒドロカンナビノール)が混入していたケースです。THC成分とは先述したマリファナでイメージする「陶酔状態」になる成分。

日本ではTHC成分は完全に違法となっており、国内でTHC成分が入ったCBDオイルは違法となりますのでご注意ください。

ところがアメリカでは製品中THCが0.3%未満であれば「THCフリー」のラベルを貼ることが可能であり、CBDオイルにも「THCフリー」と記載されてしまいます。

そのような製品を日本で使用した場合はもちろん違法となります。ちなみにヨーロッパでは0.2%未満の基準を設けている国が多いです。

通常、このような0.3%未満のTHCであれば精神作用に影響はないと言われていますが、THCの感度が高い方や、CBDオイルを一度に大量に摂取した方は「陶酔作用」を感じるまでのTHC量に到達する可能性があるので注意してください。


プラセボ効果だった

プラセボ効果(プラシーボ効果とも呼ばれています)の可能性もあります。

プラセボ効果とは、全く効果がない偽薬(例:小麦粉)を「効果が期待できる」と偽って処方した場合、服用した患者が症状が回復したり改善したりする現象のことです。

プラシーボは「薬理作用のない薬」という意味ですが、元はラテン語で「喜ばせる」という意味。中世フランスでも「難病に苦しむ患者の患者の苦しみを少しでも和らげて喜ばせること」と定義されているんです。

私も子どもに「車の酔い止めの薬」と称して、ただの飴玉(例:龍角散)を与えることがあります。効果は絶大で、それまで車酔いに苦しんでいた子どもが平気な表情で本を読んでいる、なんてこともよくあります。

CBDに関しても「不眠を改善」「ストレスを緩和」にある程度の結果が出ていることはよく知られていますが、この場合もCBDの効果を知って、CBDを取り入れた人が「何となく不眠が改善した」と思うのはごく自然なことですね。

>>初回980円 ヘンプタッチ公式



CBDに期待される効果

そして、「CBD(カンナビジオール)」に期待される効果というものが

・痛みを緩和
・不安、鬱などの症状を軽減
・不眠症軽減
癌の症状における鎮痛緩和
・てんかん、皮膚病への効果
・糖尿病の予防
・痴呆症の予防
・薬物乱用抑制効果
・ペットへの使用も可能

と様々な効果が認められています。

このような効果は、「人間が生まれながらにして持っている機能」であり、ECS(エンドカナンビノイドシステム)と呼ばれています。このECSが免疫・神経・睡眠・痛み・記憶に関する機能を調整しています。これを純度の高いCBDオイルで補うことで、人間本来の機能を呼び覚ましたりサポートしてくれる、という訳なんです。これを「アントラージュ効果」と呼びます。

【ネイチャーカン(Naturecan)】 CBDオイルを購入した3つの理由 ※割引コードあり
ウェルネス業界においてCBD(カンナビジオール)の効果が少しずつ認められ始めてきており、様々なCBDブランドが登場してきました。「いったい、どのCBDブランドを選べばいいの?」こんな疑問が増えてきているのも事実です。そこでCBDについて徹底的に調べた筆者が購入を決めたブランドネイチャーカン(Naturecan)についてレビューしたいと思います。

>>初回980円 ヘンプタッチ公式

 

CBDを使用する前に質問や不安な点があれば医師や大麻を取り扱う臨床医に相談してください。THC成分と比較してみました。

 

CBDTHC
合法ですか?○合法×違法
ハイになるか?×ならない○なる
エンド・カンナビノイド・システム(ECS)と相互作用するか?
副作用はあるか?△少しはある○向精神薬の副作用がある
薬物検査で陽性?△可能性がある○(陽性反応が出る)
痛みをやわらげる?
吐き気を軽減する?
偏頭痛をやわらげる?
不安を軽減する?
うつ病を軽減する?×
発作を減らす?×
炎症を改善する?
不眠を改善する?
精神病改善する?×
食欲増進する?
様々な用途に使用できる?

CBDはまだまだ研究段階です。”合う合わない”も個人差があります。是非、今回の内容を参考にしてCBDを上手に活用してみてください。

>>初回980円 ヘンプタッチ公式

筆者の場合(キマったのか?)

私はCBDオイルを眠る前に使用しています。キマるのか?ということに関して、率直にお答えすると、全くキマることはありませんでした

 

むしろ心が落ち着き、熟睡できますし翌朝もスッキリ目覚めることができます。余談ではありますが長い間、瞼(まぶた)の痙攣に悩まされていたのですが2−3日目にピタっと治ったのは驚きでした。

 

実際に購入して効果の感じたCBDブランド”ネイチャーカン”の詳しいレビューを紹介しています。参考にしてみてください。

【ネイチャーカン(Naturecan)】 CBDオイルを購入した3つの理由 ※割引コードあり
ウェルネス業界においてCBD(カンナビジオール)の効果が少しずつ認められ始めてきており、様々なCBDブランドが登場してきました。「いったい、どのCBDブランドを選べばいいの?」こんな疑問が増えてきているのも事実です。そこでCBDについて徹底的に調べた筆者が購入を決めたブランドネイチャーカン(Naturecan)についてレビューしたいと思います。


【まとめ】CBDで人生が変わる

CBDオイルで「キマる」ということはありません。しかしながら、THC成分の微量混入が認められている国もありますので、海外のCBD商品を購入の際は十分に注意するようにしましょう。

やはり個人的には、安心できるCBDブランドをおすすめします。初心者の方ですと、スロベニア産の厳選されたオーガニックCBDブランド「ヘンプタッチ 」がいいのかな、と感じています。

ヘンプタッチの魅力は「初回980円」という試してみるには丁度いいCBDオイルを販売しているところがポイントです。興味のある方は是非とも下記を参考にしてみてださい。

 

【試してみた】ヘンプタッチCBDオイル | 初回980円
今回購入したのはhemptouch(ヘンプタッチ)社の「CBDオイル 150ml 3%」です。通常2,980円のCBDオイルが初回限定980円(お一人様1回限り)というクーポンを利用して購入しました。CBDオイルの効果などをレビューしていきます。

>>初回980円 ヘンプタッチ公式



みなさんもCBD をうまく活用してストレスや不眠から解放された人生を歩んでください。

 

(注意点)
※今回ご紹介したCBD商品は医薬品ではありません
※CBDの効果効能に関して海外のメディカルレポートを参考にしています。
※本記事はあくまで個人的な体験談です。
※本サイトで紹介しているCBD商品が同様の効果効能を持つわけではありません。

タイトルとURLをコピーしました