最初に読みたい厳選記事

【超入門】CBD 使い方ガイド 10選

CBD

CBD(カンナビジオール)

実はアメリカやヨーロッパで大変注目をあつめている大麻草由来の成分「カンナビジオール」日本では聞き馴染みのない言葉かもしれません。

大麻草と聞くと「違法」「麻薬」「依存症」といったイメージがあると思うのですがCBD(カンナビジオール)は依存性も認められない「合法の成分」です。

本記事ではCBD(カンナビジオール) の使用方法を詳しく、わかりやすく説明していきます。

CBDについておさらいしよう

CBD(カンナビジオール)に認められている効果というものが

CBDに認められ始めている効果/効能
  • 鎮痛効果
  • 抗不安効果
  • 不眠症軽減
  • 抗炎症効果
  • てんかん治療薬
  • 抗癌効果
  • 細菌増殖抑制

非常に幅広い効果/効能が認められ始めており、依存性の強い鎮痛剤や睡眠薬の代わりとして注目されています。

 

【超入門】CBD 使い方ガイド 10選

それではCBD(カンナビジオール)製品の具体的な使い方をわかりやすく説明していきたいと思います。製品の特性を生かしてみなさんそれぞれCBD を効果的に摂取してみてください。

① CBD オイルを舌下摂取する

CBD(カンナビジオール)の摂取方法として最も浸透しているのがCBD オイルの舌下摂取です。具体的にはCBD オイルを直接、舌の裏にスポイトで2-3滴ほど垂らし、1分程度口の中に含んでおくことで毛細血管に浸透しCBD(カンナビジオール)の効果を実感しやすい状態になります。

常温で保存できますし、比較的気軽に摂取できることからCBD(カンナビジオール)初心者にはおすすめの摂取方法です。人気ブランド「ヘンプタッチ 」のCBD オイル体験レビューがありますので是非ご覧ください。

【試してみた】ヘンプタッチCBDオイル | 初回980円
今回購入したのはhemptouch(ヘンプタッチ)社の「CBDオイル 150ml 3%」です。通常2,980円のCBDオイルが初回限定980円(お一人様1回限り)というクーポンを利用して購入しました。CBDオイルの効果などをレビューしていきます。



② CBD グミを食べる

CBD グミは個人的に一番おすすめする摂取方法です。理由は高濃度のCBD(カンナビジオール)を気軽に直接摂取することができるので、個人的にはオイルよりも効果を感じることができました。CBD オイルの「苦味」が苦手な方はグミでの摂取をおすすめします。

余談ですが楽天市場では「CBD グミが通常のグミよりも売れている」という快挙も成し遂げていますのでそれだけ注目されているということですね。

人気CBD グミブランド「ヘンプベイビー」を実際に購入し、効果などを詳しくレビューしていますので、是非ご覧ください。

【CBDグミとは?】楽天グミランキング1位獲得ヘンプベイビー実際に購入してみた
欧米やアメリカではCBD(カンナビジオール)の効果が認められ始めており、色々な用途で活躍しています。そこでCBDグミの基礎知識から、おすすめの高濃度CBDグミ(HEMP Babyヘンプベイビー)をご紹介します。摂取方法から体感レビューまで、しっかり説明しようと思います。それではスタート!

 

③ 電子タバコ(Vape)で摂取する

CBD オイルやCBD グミと同じくらい人気がある摂取方法としてVape(電子タバコ)があります。

「タバコ」と記載していますがニコチン0、タール0です。吸引する際には専用キットを利用しますし、水蒸気がでるので喫煙禁止エリアでは念のため吸わない方が無難でしょう。VapeタイプはCBDを蒸気化して肺から摂取するので、摂取効率は高くなります。

更に、いろいろなフレーバーがあるので好みのフレーバーを見つけるのも楽しみですね。グリーンブルドッグというコスパ抜群のブランドからスタートするのも良いでしょう。

人気の格安 Vape(電子タバコ)タイプを確認する
デメリットは取り扱いブランドがまだまだ少ないということです。CBDリキッド取り扱いブランド

初心者用のVapeスターターキットもあります。

PharmaHemp(ファーマヘンプ)のスターターキットを確認する

 

 

④CBD クリームを塗布する

CBD(カンナビジオール) には抗炎症効果が認められ始めているので皮膚に塗るのもおすすめです。ニキビに効果があったなんていう報告もあります。

CBD(カンナビジオール) には優れた鎮痛効果も認められ始めているのでトップアスリートが痛めた部位に塗布するというケースも多いです。

マハナマジックのCBD クリームが大人気です。マハナマジックに関しては以前「CBD クリームはアトピーに効果はあるのか?」という記事で特集しましたので、アトピーに悩んでいる方はぜひご覧ください。

【CBDクリーム】アトピーに効果はあるのか?
乳幼児期に発症する代表的なものが「アトピー」。アトピーは大人になるまで続くことや、一度治った人が再発することもあり、再発した場合は治りにくいといわれています。このような状況に対してアメリカやヨーロッパではアトピーに対してCBDクリームを使った研究が進んでいます。本記事ではCBDクリーム(CBDバーム)がアトピーに対してどのような効果があるのかを解説していきます。

⑤CBD バスボムでお風呂に入ってリラックス

CBD バスボムでお風呂に入ることでストレスから解放されリラックスできます。CBD LIVING という大手ブランドからCBD バスボムも市販されているので是非、ご確認ください。

【大人気】CBD バスボム

 

⑥CBD カプセルをサプリ感覚で摂取する

オイルは面倒だし、グミは甘くて苦手という方にはカプセルタイプがおすすめです。

カプセルが腸の中で溶けるため腸から直接アプローチをすることができます。カプセルタイプだと携帯にも便利なのでいつでもどこでも気軽にCBDを摂取可能。

更にサプリメント感覚で摂取できるので、筋トレの後にリラックスしたい時や就寝前に摂取するとグッスリ眠ることができます。

コスパに優れているのはGreeus(グリース)社のCBD カプセルです。非常に高品質のCBD を手軽に摂取できるところがポイントです。30粒で2980円ですから、1粒100円以下ですし、缶ビールより安くCBD を摂取することができますね。

CBDカプセル


⑦CBD プロテインを摂取する

続いてCBDプロテインCBDを含有したプロテインということで普段トレーニングをされている方だけでなく、栄養バランスリラックスエイジングケアにも働きかけるなど日常使いにもおすすめの商品です。

筆者自身、ワークアウト(筋トレ)を継続しており、プロテインを飲んでいます。今回CBDプロテインを飲んでみて植物性タンパク質の利点を理解する機会にもなったので、シェアしたいと思います。

こちらの記事で詳細をレビューしています。

【CBD+プロテイン】Greeus(グリース)社より新商品を発売!
今回特集するのがCBDプロテイン。CBDを含有したプロテインということで普段トレーニングをされている方だけでなく、栄養バランスとリラックス、エイジングケアにも働きかけるなど日常使いにもおすすめの商品です。

⑧CBD フレグランスでリラックスする

新感覚 “香り×CBD” という新しいプロダクトで注目を集めているブランドもあります。日々の生活にリラクゼーションというルーティンをテーマにした、新CBD ブランド「METASU(ミタス)

「CBD 配合のフレグランスオイル」という全く新しいアプローチです。CBD そのものにリラックス効果(抗不安作用)が認められ始めているので、相性は抜群です。


⑨CBD 化粧品を取り入れる

CBD には優れた皮膚疾患改善機能が認められ始めています。こだわり抜いてブレンドされた潤い成分を肌の角質層まで浸透させ、一日中艶やかで健康な肌を保ちます。CBDの効果を感じながら日々のスキンケアに潤いを。

おすすめはMUKOOMI(ムコーミ)というCBD スキンケアブランドです。

ミス・ワールド2016年日本代表の経験を持つ吉川 プリアンカ氏。ブランド名の由来は、日本語の ”向こう” と ”見る” を掛け合わせたもの。「常識を超えた向こう側を見よう」との願いが込められています。

 

⑩CBD パウダーで食べ物や飲み物に混ぜて摂取する

最後にご紹介するのは粉末タイプの CBDです。ちょっと上級テクニックかもしれません。

CBD アイソレート」というタイプでCBD 成分のみを抽出し、粉状にしたものになります。 ちょっと怪しい感じもしますが、欧米ではスムージなどに混ぜて飲む人が多いです。

サラダドレッシングに混ぜたり、パンケーキのシロップに混ぜたり色々と応用できそうですね。人気はNATUuRのCBDパウダーです。

人気ブランド「NATUuR」のCBD パウダーを確認する

【まとめ】

以上、CBD(カンナビジオール) の使用方法10選でした。有名な使用方法もあれば、珍しい使用方法もあったと思います。

CBD(カンナビジオール)に認められ始めている効果というのが

・痛みを緩和
・不安、鬱などの症状を軽減
・不眠症軽減
癌の症状における鎮痛緩和
・てんかん、皮膚病への効果

と非常に多くの効果が期待されています。更には、依存性の強い睡眠薬や鎮痛剤の代わりになる成分として今や世界中に注目が集まっています。

情報もまだまだ少なく、どのように摂取していいのか不安な人も多いと思います。本記事を参考にストレスや不眠から少しでも解消されたCBD ライフをお過ごしください。

CBD はどこで買える?くわしく解説します【初心者向け】
CBDはどこで買えるのでしょう CBDを購入する方法として主に4種類があります。 「大手ECサイト」 「CBD専門ECサイト」 「メーカー直販サイト」 「実売店舗」 本記事では4つの購入方法をピックアップしながら、皆さんのCBDを購入する際の手助けをしたいと思います。では、早速ひとつめから説明していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました