【辛口レビュー】チラクシー(CHILLAXY)口コミは?徹底調査

日本にもようやく認知度が広まってきたCBD(カンナビジオール)の魅力。

 

様々なCBDブランドが登場し、一体どのCBDブランドを選んでいいのかよく分からないのも事実ですよね。

 

今回は話題の新進気鋭CBDブランドCHILLAXY(チラクシー)の詳しい製品レビューをしていきたいと思います。

ではスタート!

チラクシー(CHILLAXY)とは?

日本のCBD業界に突如現れた新進気鋭ブランド チラクシー(CHILLAXY)

その特徴は大きく分けて以下の3つです。

  1. CBD経験者にも認められる豊富なフレーバー
  2. 透明性を重視した安全性
  3. 海外ブランドに引けを取らない高品質

 

それでは詳しく説明していきますね!

1.豊富なフレーバー

こちらがチラクシー(CHILLAXY)公式サイトで確認できたフレーバーです。

わかりやすく図にしてまとめてみました。

フレーバーCBD 製品
グリーンドリームCBDリキッド(510規格VOOM規格)
ラズベリークッシュ
マウイワウイ
OGクッシュ
グランドダディ パープル
ブルースキットルズ
リラクシングスリープCBDオイル
グレープCBDキャンディ
オージークッシュCBDワックス
マウイワウイ
ブルースキットルズ

 

チラクシー(CHILLAXY)のフレーバーの特徴は

・カンナビスの品種に着目した、新しい切り口でのフレーバー展開
・シチュエーションに応じた香りを提供していること

香りのネーミングとCBDを摂取する時のおすすめシチュエーションが説明されており、非常に都会的な雰囲気を感じます。

2.安全性が高い

チラクシーの安全性は第三者機関の複数回に渡る成分調査を実施しており「CBDの誤ったイメージを少しでも改善したい」という姿勢が伝わってきます。成分調査の結果は公式サイトの成分証明書のページから確認することができます。

3.海外ブランドに引けを取らない品質

非遺伝子組み換え・無農薬の環境で育てられた北米・欧州の高品質なヘンプからCBDを抽出しています。原材料の管理を厳しく保つことで国内生産のクオリティーを高めています。

 

CHILLAXY CBDリキッドの特徴

チラクシーCBDリキッドの主な特徴は以下の3つ

・テルペン配合による「香りの向上」や「アントラージュ効果」
MTCオイルベースの「高品質」CBDリキッド
互換性のある「510規格」

チラクシーのCBDリキッドテルペンという植物の精油に含まれる成分が配合されているので香りがずば抜けていますテルペンにはCBDとの相乗効果(アントラージュ効果)が期待されるのも大きな特徴です。

アントラージュ効果とは?

アントラージュ効果については以前に詳しく調べましたのでコチラをご覧ください。

【アントラージュ効果】ってなに? CBDがもたらす【相乗効果】
本記事ではCBDの効果を最大限引き出すとされる「アントラージュ現象」に関してCBD推進派・反対派の意見を交えながら海外の文献を中心にまとめています。CBDでアントラージュ効果を得るためにはどうしたらいいのでしょう?

リキッドのベースにMTCオイル(ココナッツオイルの中鎖脂肪酸)を採用しており脂肪として蓄積しにくいのが特徴です。安価なCBDリキッドですと希釈されている場合があるので、基本的な部分から高品質なのが伺えます。

最後に510規格というのは現在のほとんどのVape(電子タバコ)規格になりますので、互換性に優れているということになります。

別のデバイスでも対応してるの?

はい、ほとんどのリキッドに対応できるので、すでに510規格などの専用デバイスを持っている方はわざわざ新たに購入する必要はありません。

CBDリキッドを購入

早速、公式サイトから注文してみました。

早速開封していきましょう。

 

封を開けると、非常に良い香りが部屋中に広がりました。楽しみです!

早速、デバイスに装着してみました。CBD濃度は90%以上なのでCBDを体感できるのではないかと思います。ちなみに筆者が持っているデバイスはコチラ。1,650円なのでお買い求めしやすく、おすすめです。

高濃度ほど効果を実感する?

高濃度ほど効果を実感すると思っている方が多いようですが、

濃度が高いと効果を感じるまでの時間が短いという認識が正しいと思います。要は「濃度が高いほど、すぐに効果を感じやすい」ということです。リラックス度合いに違いはありません。

エアーフローコントロールが付いているので、吸い心地や吸引量を調節できるのが嬉しい配慮。個人的には全閉が丁度よかったです。

クルクルっと回転させて空気の量を調整します。


チラクシーのCBDリキッドの感想

正直、かなりクオリティは高いです。テルペンを使用した香りが、より一層リラックス度合いを高めてくれますし、濃度も90%以上ですのでCBD経験者の筆者にとっては満足感のあるベストな濃度でした。

 

個人的な感想ですが「睡眠の質が高まった」「寝起きがスッキリ」というのがチラクシーを摂取した時の感想です。

CBDキャンディーについて

初チャレンジとしてCBDキャンディーを購入してみました。

CBDが苦手と感じる方の多くの意見に「CBD独特の苦味が苦手」という意見も見られます。青汁的もので慣れれば気にならない方もいると思いますし独特な苦味が苦手と感じる人もいると思います。

 

キャンディーにすることで独特の風味をマイルドにすることができます。

アメリカではCBDグミが爆発的なブームを起こしています。

 

 

CBDキャンディーは長時間ゆっくりと口の中に留めておくことができるので、パクパクと食べやすいCBDグミに比べて過剰摂取しにくいという利点もあります。

代表のトシさんにインタビュー!

そこで、チラクシー代表のトシさんにインタビューしてみました。

 

今後チラクシーをどのようなCBDブランドにしていきたいとお考えですか?

チラクシー 代表トシさん
チラクシー代表トシさん

トシさん、ありがとうございました!

※インタビュー内容はご本人の了承を得て掲載しています。

【まとめ】CHILLAXY(チラクシー)は国内CBD業界の風雲児になる

以上がチラクシー(CHILLAXY)まとめ記事でした。明確なブランドコンセプトを打ち出し、高品質な製品をリリースしているブランドは、めったにありません。

みなさんもぜひ、チラクシーを体感してみてください◎

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

タイトルとURLをコピーしました