CBDの中毒性や副作用はある?調べてみた

近年、CBDの健康に関するエビデンスが増えてきており少しずつではありますが日本でもCBDが注目されるようになってきました。
しかしながらCBDは「大麻草から抽出される成分」という点から、依存性や副作用、違法性といった心身への影響などを懸念する方がいるのも事実です。

確かに危ない感じはします、、、

そういった悩みを持っている方に向け、本記事ではCBDの身体に及ぼす影響や中毒性・安全面に関して「大麻」との違いをまとめていきます。

 

それでは早速スタート!


そもそも「CBD」とは?

ネイチャーカン/CBDオイル

CBD(カンナビジオール)は、大麻草に含まれるカンナビノイド成分のひとつです。大麻草と聞くと一般的に「マリファナ」を思い浮かべる方が多いと思います。

マリファナの主成分はTHC(テトラヒドロカンナビノール)というカンナビノイド成分であり、多幸感や陶酔感=ハイになるといった精神作用があります。

 

THCは日本では違法となりますのでご注意ください。

CBDにはTHCのような多幸感や陶酔感は認められていませんし、不眠や鬱(うつ)症状の軽減などにも効果があることが、多くの治験で確認され始めています。

最近「CBDオイル」という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、抽出されたCBDをMCT(ココナッツ)オイルやオリーブオイル、ヘンプシードオイルなどのキャリアオイルで希釈したものが「CBDオイル」です。

最近ではフレーバー付きのCBDオイルも発売されており、好きなドリンクに加えて香りを楽しむ方も増えています。

CBDはてんかん発作を抑えることがアメリカで承認されてから、実に様々な疾患の症状を軽減することに役立つ可能性が高まってきています。

 

不眠やストレスの軽減、炎症の改善などにも効果がある可能性が高まってきました。



CBDは合法なのか?

結論から申し上げますと「CBDは合法」です。現在の日本の法律においてCBDを規制するものはありません。

 

WHO(世界保健機構)も依存性や副作用は認められないとう見解を述べています。

 

したがって安心してCBDを使用することができます。念のため海外ではCBDの取り扱いが様々ですので注意が必要です。(微量のTHC成分が配合されている可能性あり)

CBD自体が成長段階の分野ですので様々な動きが乱立している状態です。

 

国内だけでなく海外でCBDを使用する際は事前に各国の法律や条例を確認しておくことが必要です。

 

厚生労働省の許可のもの安心品質のCBDをお届けするNaturecan(ネイチャーカン)

CBDの副作用は?

確かにWHOの見解によりCBDの依存性は少ないと認められ始めています。ということからCBDには全く危険性がないという見解が多いですし、実際にそう思われているのも事実です。

しかしながら、どんな薬品でも摂取しすぎると副作用があるようにCBDにおいても、場合によっては副作用などが認められていない訳ではありません。

 

CBD の副作用で代表的なのは強い眠気・めまい・下痢・倦怠感・嘔吐・低血圧・口渇などです。

 

確かに依存性はないという見解が認められ始めていますが、日常的に大量のCBDを摂取している方が急にCBDの摂取をストップした時に不安な精神状態になる可能性があります。

代表的な例で言いますとマウス実験でのCBD摂取実験において、肝障害の兆候がみられました。ただし、これは人間に換算すると非常に多くの摂取量での結果になります。

 

鎮静剤を過剰摂取すると副作用がでるように、どのような成分でも過剰摂取すれば副作用が出る可能性はゼロではありません。

 

特にCBDと処方薬の同時摂取は避けた方がいいでしょう。更には妊娠中や授乳中の方もCBD摂取を控えた方がいいです。

また国によってはTHCが多少含まれていても合法となる国も多くあります。THCの影響・副作用ということも考えられるので注意が必要です。

 

CBDは優れた効果/効能が認められ始めたのは事実ですが、法律が国によって異なったり摂取量によっては副作用も十分考えられるということを覚えておきましょう。



CBDの依存性は?

CBDがいかに心身の健康や不安、ストレスを軽減してくれると言っても、やはり大麻草の成分ということから「依存性」はないのか?という疑問を持たれている方も多いと思います。

依存性に関してはWHOが依存性や中毒性はないと確認しており、現時点では薬物乱用のような症状はないとしています。高容量の摂取(最大1500mg/日)をしても重大な副作用はなかったとされています。

 

日本では違法成分のTHCと比較しても心理機能・運動機能ともに影響はなく、心拍数や体温を急激に変える可能性も認められないとしました。

 

では、はたして本当に中毒性はないのでしょうか?

答えは「全てのCBD製品に中毒性がない、とは言い切れない」ということです。それはCBDを抽出する際の大麻草に左右されます。

 

産業用ヘンプからはTHCはほぼ含まれてはいないのですが、THCが合法の国で採取される大麻草(マリファナ)にはTHCが含有している可能性があります。

 

アメリカではCBDオイルにおけるTHC含有量は0.3%以内とされています。したがってTHCが含有されている可能性があります。ちなみにヨーロッパでは0.2%以内です。日本に輸入されるCBDオイルの中にTHC0.2%と表記されている製品もありますが、これはTHCが0.2%未満というヨーロッパの基準をクリアしているという意味になります。

 

この場合、日本では少量のTHCでも違法です。海外から個人輸入する際は、成分分析表などを必ず確認するなどの注意が必要です。

 

つまりCBDそのものには依存性や中毒性は認められませんがTHC成分が入っていた場合などに中毒性が現れる場合がある、ということになります。

改めて実際にCBDオイルを購入する際は成分をよく確認し、安心して使用できることを確認した上で用法用量を守って正しく使用するようにしましょう。

高品質・高濃度CBDオイルを低価格でご提供するNaturecan(ネイチャーカン)

CBDはアルコール依存症やニコチン中毒などを緩和?

CBDは正しい使用方法であれば依存性の可能性が少ないことがご理解いただけたのではないでしょうか?

 

CBDの新たな可能性として、薬物・アルコール、タバコに対して依存症や中毒を緩和すると言われています。以下より詳しく見ていきましょう。



CBDは大麻やニコチン中毒にも効果がある可能性をWHOが示唆

こちらはWHOの報告書です。ざっくり和訳しますと、

CBD がオピオイド系鎮痛剤、コカイン、覚醒剤中毒の治療を示唆する前臨床試験があり、ヒトにおける大麻やニコチン中毒に対しても有益であるかもしれないと示唆する。ただし、まだまだ多くの実験や検査が必要である。

というものです。WHOの見解はかなりの権威がありますので今後の進展に期待です。CBDはTHC(マリファナ)をはじめコカインなど、さまざまな薬物依存の改善を期待されています。

もちろん違法なドラッグだけでなく依存性の強い鎮痛剤やタバコ、アルコールなどの依存・中毒の緩和にも期待が高まっています。

薬と併用しても大丈夫なの?

まだまだ研究段階ではありますが、リラックス効果が期待されているCBDと睡眠薬を同時に服用すると眠気が過剰に引き起こされてしまう可能性があります。

 

普段から薬を服用している方はCBD を摂取する前に、かかりつけ医に相談するようにしましょう。



おすすめのCBD商品

CBDfx/CBDグミ【15%OFFクーポンコード:ACO15】

ここまでお読みいただいた方Cの中には、CBDの効果を実際に体感してみたいという方も多いと思います。ところが初めてCBDアイテムを購入する場合どうしていいかわからない方も多くいらっしゃるのも事実です。

  • 安心安全なCBD ブランドがわからない
  • どのブランドを選んでいいのかわからない
  • CBD 製品でおすすめのタイプがわからない

そこで今回は筆者が実際に購入して効果を感じたCBDブランドを4つピックアップしました!ぜひ購入の参考にして下さい。



1.ヘンプタッチ初回980円 CBDオイル(2週間分)

ヘンプタッチ/初回980円CBDオイル

非常に高品質なCBDオイルでコスパもよく初心者にはおすすめです。

CBD 濃度価格(税込)特徴
3%980円初心者おすすめ

スロベニアの大自然で育まれた完全オーガニックのCBDオイルです。

世界一基準が厳しいと言われている欧州の有機農業農薬や化学肥料を使わないのはもちろんのこと、遺伝子組み換え技術を使用していないのも大きな特徴です。

一定期間基準を満たした土で栽培された成熟した産業用大麻の茎及び種子から抽出したカンナビジオール・CBDを使用しています。

 

初回980円で2週間試せるのはお買い得だと思います。

>>ヘンプタッチ公式 初回980円CBDオイルを詳しく見る

2.イギリスCBDブランド Naturecan(ネイチャーカン)

タイトルとURLをコピーしました