最初に読みたい厳選記事

【CBDの中毒性】副作用に関しても丁寧に説明します

CBD
近年、CBD の健康に関するエビデンスが増えてきており少しずつではありますが日本でもCBD が注目されるようになってきました。ところがCBD が「大麻草から抽出される成分」という点から、依存性や副作用、違法性といった心身への影響などを懸念する方がいるのも事実です。

確かに危ない感じはします、、、

そういった悩みを持っている方に、本記事ではCBD の身体に及ぼす影響や中毒性・安全面に関して大麻の違いをまとめていきます。

早速スタート!

【CBD中毒性】副作用に関しても丁寧に説明します

 

CBDとは?

プラスウィード

CBD (カンナビジオール)は、大麻草に含まれるカンナビノイド成分のひとつです。大麻草と聞くと一般的に「マリファナ」を思い浮かべる方が多いと思います。

マリファナの主成分はTHC (テトラヒドロカンナビノール)というカンナビノイド成分であり、多幸感やハイになるといった精神作用があります。

THC は日本では違法となりますのでご注意ください。

CBD にはTHCのような多幸感は認められていませんし、不眠や鬱(うつ)などにも効果があることが多くの治験で確認され始めています。抽出されたCBD をMCT(ココナッツ)オイルやオリーブオイル/ヘンプシードオイルなどのキャリアオイルで希釈したものが「CBD オイル」です。

CBD はてんかん発作を抑えることがアメリカで承認されてから、実に様々な疾患の症状を軽減するのに役立つ可能性が高まってきています。

不眠やストレスの軽減、炎症の改善などにも効果がある可能性が高まってきました。

CBD は合法なのか?

結論から申し上げますと「CBD は合法」です。現在の日本の法律においてCBD を規制するものはありません。

WHO(世界保健機構)も依存性や副作用は認められないとう見解を述べています。

安心してCBD を使用することができます。念のため海外においてはCBD の取り扱いが様々ですから注意が必要です。

CBD 自体が成長段階の分野ですので様々な動きが乱立している状態です。

国内だけでなく海外でCBD を使用する際は事前に各国の法律や条例を確認しておくことが必要です。

【CBDでキマる?】真実を知りたい方へ
最近気になるこのワード。「キマる」という言葉自体、薬物を使用している人に使用する言葉です。 「CBD 製品を使ってキマることはあるのか?大麻草由来の成分だから心配」という方に、真実を教えます。CBD を使用して「キマる」のか?真実を知りたい方へ筆者が実際にCBD製品を購入した実体験を交えて詳しく紹介していきます。

CBD の副作用は?

roun(ラウン)

確かにWHOの見解によりCBD の依存性は少ないと認められ始めています。ということからCBD には全く危険性がないという見解が多いですし、実際にそう思われがちです。

ですが、どんな薬品でも摂取しすぎると副作用があるようにCBD においても、場合によっては副作用などが認められていない訳ではありません。

CBD の副作用で代表的なのは強い眠気・めまい・下痢・倦怠感・嘔吐・低血圧・口渇などです。

確かに依存性はないという見解が認められ始めていますが、日常的に大量のCBD を摂取している方が急にCBD の摂取をストップした時に不安な精神状態になる可能性があります。

代表的なのはマウス実験でのCBD 摂取実験で肝障害の兆候がみられました。ただし、これは人間に換算すると非常に多くの摂取量での結果になります。

鎮静剤を過剰摂取すると副作用がでるようにどのような成分でも過剰摂取すれば副作用が出る可能性はゼロではありません。

特にCBD と処方薬の同時摂取は避けた方がいいでしょう。更には妊娠中や授乳中の方もCBD 摂取を控えた方がいいです。

また国によってはTHCが多少含まれていても合法となる国も多くあります。THC の影響・副作用ということも考えられるので注意が必要です。

CBD は優れた効果/効能が認められ始めたのは事実ですが、法律が国によって異なったり摂取量によっては副作用も十分考えられるということを覚えておきましょう。

CBD の依存性は?

CBD がいかに心身の健康や不安やストレスを軽減してくれるということであっても、やはり大麻草の成分ということから「依存性」はないのか?という疑問を持たれている方も多いと思います。

依存性に関してはWHOが依存性/中毒性はないと確認しており、現時点では薬物乱用のような症状はないとされています。高摂取(最大1500mg/日)しても重大な副作用はなかったとされています。

日本では違法成分のTHCと比較しても心理機能・運動機能ともに影響はなく、心拍数や体温を急激に変える可能性も認められないとしました。

では、はたして本当に中毒性はないのでしょうか?

答えは「全てのCBD 製品に中毒性がない、とは言い切れない」ということです。それはCBD を抽出する際の大麻草に左右されます。

産業用ヘンプからはTHCはほぼ含まれてはいないのですが、THCが合法の国で採取される大麻草(マリファナ)にはTHCが含有している可能性があります。

アメリカではCBD オイルにおけるTHC含有量は0.3%以内とされています。ちなみにヨーロッパでは0.2%以内です。日本に輸入されるCBD オイルの中にTHC 0.2%と表記されている製品もあるのですがこれはTHCが0.2%未満というヨーロッパの基準をクリアしているという意味になります。

もちろん日本ではTHCは違法成分となるので個人輸入する際は、成分分析表などを必ず確認するようにしてください。「THCフリー」と記載された製品です。

つまりCBD そのものには依存性/中毒性は認められませんがTHC成分が入っていた場合などに中毒性が現れる場合がある、ということになります。あらためて実際にCBD オイルを購入する際は成分をよく確認し、安心して使用できることを確認した上で用法用量を守って正しく使用するようにしましょう。

CBD はアルコール依存症やニコチン中毒などを緩和?

CBD は正しい使用方法であれば依存性の可能性が少ないことがご理解いただけたのではないでしょうか?

CBD の新たな可能性として、薬物・アルコール、タバコに対して依存症や中毒を緩和すると言われています。以下より詳しく見ていきましょう。



CBD は大麻やニコチン中毒にも効果がある可能性をWHOが示唆

こちらはWHOの報告書です。ざっくり和訳しますと、

CBD がオピオイド系鎮痛剤、コカイン、覚醒剤中毒の治療を示唆する前臨床試験があり、ヒトにおける大麻やニコチン中毒に対しても有益であるかもしれないと示唆する。ただし、まだまだ多くの実験や検査が必要である。

というものです。WHOの見解はかなりの権威がありますので今後の進展に期待です。CBDはTHC(マリファナ)をはじめコカインなど、さまざまな薬物依存の改善を期待されています。

もちろん違法なドラッグだけでなく依存性の強い鎮痛剤やタバコ、アルコールなどの依存・中毒の緩和にも期待が高まっています。

 

薬と併用しても大丈夫なの?

まだまだ研究段階ですがリラックス効果が期待されているCBD と睡眠薬を同時に服用すると眠気が過剰に引き起こされてしまう可能性もあります。

普段から薬を服用している方はCBD を摂取する前に、かかりつけ医に相談するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました