CBDとTHCの違いは?副作用は?詳しく解説します

CBDとTHCって何が違うの?副作用は?

今回はこのようなお悩みに答えていきます。

現在多くの国で大麻の合法化が進んでいます。医療大麻としての認知も少しずつ前進しており、我々ユーザはCBDとTHCの違いをより深く理解しようという次のステップに進もうとしています。

大麻草の成分は、CBD(カンナビジオール)THC(テトラヒドロカンナビノール)などの天然主成分のほかに100種類以上あると言われています。

CBDとTHCには多くの共通点もあるのですが、使用方法を決める重要な違いもあります。

今回はCBDとTHCの違いを詳しく解説しますので、この記事を読むことでその違いを理解できると共に、CBDの認められ始めている効果や効能がお分かりいただけます。

それでは行きましょう!

CBD・THCとはどんな成分?

CBDとTHCはどちらも麻(Hemp)または大麻(Marijuana , Cannabis)から抽出される天然の成分です。

CBDとは

麻や大麻から抽出されると聞いて、違法だから危険と認識されることが多いCBDですが、依存性や陶酔感はなく、日本での使用が認められている合法の成分です。近年ではCBDに期待できる効果・効能により世界中で注目されている成分です。

CBDはオイル・グミ・Vape(電子タバコ)といった様々なタイプで商品化されており、日本でも購入しやすくなってきています。

 

THCとは

THCとは陶酔感、いわゆる「ハイになる」作用をもたす大麻の主要な精神活性化合物です。日本では違法の成分なので注意が必要です。

大麻?ヘンプ?マリファナ?

そもそも大麻やヘンプ、マリファナと言った言葉の違いは何でしょう。実はTHCの含有量や用途により呼び名が違います。以下、その違いを表に表しました。

大麻
名称ヘンプマリファナ、カンナビス
THC含有量0.3%未満 (アメリカ)それ以上
主な用途産業用大麻として嗜好品として

 

大麻やヘンプ、マリファナと言った言葉は全て一緒のように扱われがちですが、実は用途などにより呼び名が違うんですね。


CBDはエンドカンナビノイドシステムに作用する

ネイチャーカン公式サイト https://www.naturecan.jp/

CBDとTHCはどちらも人間のエンド・カンナビノイド・システム(ECS)に作用します。

エンド・カンナビノイド・システムとは身体調節機能のことで、人間が生きていくための運動機能や食欲であったり、様々な感情や免疫のコントロール、記憶力や認知、発達と老化などの多くの機能に関わっています。

CBDはそのエンド・カンナビノイド・システムの欠けた機能をサポートしてくれる作用が期待されています。

CBDとTHCとではエンド・カンナビノイド・システム作用については「全く異なる効果」をもたらすことがわかっています。



CBDとTHC 【化学構造】


CBDとTHCは全く同じ分子構造です。炭素原子21個、水素原子30個、酸素原子2個。ところが原子配列のわずかな違いが、人体への影響の違いを生むのです。

CBDとTHCはどちらもエンド・カンナビノイド・システム(ECS)に類似しています。これにより、カンナビノイド受容体とCBDやTHCが相互作用するというわけです。

この相互作用が脳内の神経伝達物質の放出に影響を与えます。神経伝達物質は細胞間で情報をやりとりする役割を担う化学物質であり、例えば痛み・免疫機能・ストレス・睡眠に関する役割を果たします。



CBDとTHC【成分の違い】

CBDとTHCは類似した化学構成にもかかわらず、異なる精神作用を持っています。

CBDの精神作用

CBDは非精神活性化合物なので、抗不安・抗うつ、発作を抑えるなどの効果に期待ができます。また、脳内カンナビノイド1(CB1)受容体との結合が非常に弱く、THCの陶酔感・高揚感を阻害し精神活性作用を弱める働きがあります。

 

つまりTHCのような陶酔感を感じることはありません。

THCの精神作用

一方、THCは脳内カンナビノイド1(CB1)受容体と結合し、陶酔感をもたらします。いわゆる一般的に「ハイになる」状態になるという事です。

 

CBDとTHC【合法性】

アメリカでは…

アメリカでは大麻関連の法律が定期的に改正されています。

CBDは依然としてアメリカの規制物質法(薬物を5段階で分ける)ではスケジュール1に分類されています。

ヘンプ(麻)は規制物質法から削除されましたが、麻薬取締局(DEA)と食品医薬品局(FDA)は、依然としてCBDをスケジュール1の薬物として分類しています。

しかし、33の州やワシントンD.Cは高濃度のTHCを含む医療用大麻を合法化しています。

 

ただし資格のある医師から処方されなければいけません。

2018年6月、食品医薬品局(FDA)は小児用てんかんの治療薬としてCBDを使用した「Epidiolex」を正式認可しました。

さらにいくつかの州では娯楽目的の大麻・THCの使用が合法化されています。合法化になっている州であれば、娯楽目的・医療目的であればTHCを購入することができます。

 

もしアメリカでCBDもしくはTHCを購入したい場合はコチラで州の法律を確認することが重要です。

 

したがって大麻が違法な州では、大麻を所持していたり処方箋を所持していない場合法的処置に直面する場合があるので気をつけましょう。

日本では…

日本に関して言えば、CBDは合法でTHCは違法です。海外から個人輸入したCBDに微量でもTHCが混入していた場合でも違法になります。

従って安心・安全なCBDブランドからの購入を強くお勧めします。

 

日本に関してはCBDは合法。THCは違法です。

厚生労働省の許可のもの安心品質のCBDをお届けするNaturecan(ネイチャーカン)

CBDとTHC 【医療上の効果】

CBDfxソフトジェルカプセル

CBDとTHCには同じ医療上の効果が数多くあります。ところがCBDはTHCのような陶酔感になることはありませんし「副作用や依存性はない」とWHO(世界保健機構)も認め始めています。

CBDに期待される効果・効能

CBDには以下のような症状を改善させる効果が認められ始めています。

  • 発作
  • 皮膚疾患の軽減
  • 精神病または精神障害
  • 吐き気
  • 偏頭痛
  • 抑うつ
  • 不安軽減

このように多様な効果・効能が認められ始めています。それでいて副作用や依存性がないとなれば、身体の不調の悩みに使用しない手はありませんね。

THCの効果

一方でTHCの効果は以下のようになっています。

  • 痛み
  • 筋肉の痙縮
  • 緑内障
  • 不眠症
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 不安軽減

 

しかしながら、日本では違法です!

\クーポンコードACO15/
CBDfx公式

>>CBDfx【公式サイト】をチェックする

CBDとTHC 【副作用について】

ヘンプタッチ初回980円CBDオイル https://www.hemptouch.co.jp/

CBDは大量に摂取しても問題がないことが認められ始めています。CBDに伴う副作用の多くが、CBDと他に服用している薬との相互作用の可能性が高いという研究結果も出ています。(参照)

CBDの一時的副作用

  • 食欲の変化
  • 倦怠感
  • 減量
  • めまい
  • 下痢

 

THCの一時的副作用

  • 動悸
  • 息切れ
  • 口の渇き
  • 目が赤くなる
  • 反応が遅れる
  • 記憶障害
  • 不安

 

CBDとTHCの副作用であるこれらの症状は精神活性特性の一部であり、ともに致死的ではありません。

ただし、濃度の高いTHCを長期間使用すると、精神疾患などのリスクがあります。

現時点で決定的な証拠はありませんが、大麻を大量に摂取すると総合失調症など精神疾患を起こす可能性も示唆されています。


CBDとTHC 【薬物検査】

CBDやTHCなどのカンナビノイドは体脂肪に蓄積されます。それらは使用後、数日間あるいは数週間ほど薬物検査に反応がでる可能性があります。

全ての薬物検査ではCBDを検出することはできませんが、CBD専用検査では検出が可能です。

標準的な薬物検査はTHCに関連する成分を検出するためであり、THCやマリファナを使用していると陽性反応がでます。

THCフリー(THC含有ゼロ)を主張する CBD製品であっても、アメリカの法律では0.3%未満の含有が認められているので、完全にTHC含有がゼロであるということではないという認識が必要です。

したがって、薬物検査を受けている場合はCBDまたはTHC製品を使用しないでください。

なぜCBDオイルのTHC含有量について明記するのか?

ネイチャーカン公式サイト https://www.naturecan.jp/

CBDとTHCは大麻草に含まれる主成分です。大麻(マリファナ)も麻(ヘンプ)もCBDとTHCを生成します。

特徴
大麻(マリファナ・カンナビス)THC濃度が高い
麻(ヘンプ)CBD濃度が高い

大麻株の系統には平均12%のTHCが含まれています。なので大麻株から抽出したCBDを配合しているCBDオイルには若干のTHCが含有している可能性があります。

さらにアメリカではCBDオイルに0.3%以下のTHC含有であれば合法となります。

一方で日本では少量でもTHCが含有してあれば違法になまりす。したがって日本ではTHCが入っているかいないかが重要になります。

どのブランドもTHCフリー(THC含有0)と強調しているのはその為です。



CBDとTHCの違い【具体的に】

それでは簡単にCBDとTHCの違いを表にまとめてみました。

CBDTHC
合法ですか?○合法×違法
ハイになるか?×ならない○なる
エンド・カンナビノイド・システム(ECS)と相互作用するか?
副作用はあるか?△少しはある○向精神薬の副作用がある
薬物検査で陽性?△可能性がある○(陽性反応が出る)
痛みをやわらげる?
吐き気を軽減する?
偏頭痛をやわらげる?
不安を軽減する?
うつ病を軽減する?×
発作を減らす?×
炎症を改善する?
不眠を改善する?
精神病改善する?×
食欲増進する?
様々な用途に使用できる?

CBDもTHCも共に医療上のベネフィット(利点)があります。どちらの成分も比較的安全だと考えられていますが、あくまでもTHCは日本での使用は違法となりますし、CBDについても服用している他の薬との副作用の可能性があるので注意が必要です。

常用している薬とCBDを併用する場合、不安な点や質問があれば医師や大麻を取り扱う臨床医に相談してください。

\クーポンコードACO15/
CBDfx公式

>>CBDfx【公式サイト】をチェックする

 

安全なCBDブランド3選

CBDアイテムを選ぶ際はTHCが含有されていない安全なCBDアイテムを販売しているブランドを選ぶことが重要になってきます。

そこで筆者が実際に購入している信頼のおけるCBDブランドを3つご紹介します。

1.ネイチャーカン

ネイチャーカン公式サイト https://www.naturecan.jp/

厳しい7つのテストをクリアした製品のみを出荷している、イギリス発のCBDブランドであるNaturecan(ネイチャーカン)。第三者機関の厳しいテストを通過したCBDアイテムということで安心して使用できます。

使用した体験談などはこちらをご確認ください。

ネイチャーカン公式サイト https://www.naturecan.jp/

2.CBDfx

CBDfx使い捨てベイプペン

CBDfx製品の原料となるヘンプは、有機栽培、無農薬、非遺伝子組み換えで、有害な農薬や化学物質にさらされていないCBDが使用されています。製品の製造・検査においても、厳しい臨床グレード基準で検査・製造が行われています。

商品パッケージ一つ一つにQRコードが付けられていて、その製品がいつ、どこで、どのように製造されたのかをすぐに確認できるようになっています。

使用した体験談はこちらをご覧ください。

 

【必見】CBDfxのアイテムをお得に購入する方法

CBDfxでは公式サイトの全アイテムを15%OFFで購入することができるクーポンコードというものが存在します。公式サイトからの購入の際にこのクーポンコードを入力するだけで割引が適用されます。さらにこの割引はセール価格のアイテムにも使用することが出来るのでかなりお得なクーポンコードになります。

15%OFFクーポンコード:ACO15

このクーポンコードを活用してぜひお得にCBDfxのアイテムを購入して下さい。

 

私もいつもこのコードを活用して購入しています!

\クーポンコードACO15/
CBDfx公式

>>CBDfx【公式サイト】をチェックする

3.ヘンプタッチ

ヘンプタッチ初回980円CBDオイル https://www.hemptouch.co.jp/

 ヘンプタッチが製造する全ての製品は人工的な防腐剤、パラベン、ミネラルオイル、シリコンは一切使わず、全原材料が植物ベースとなっています。

抽出されたCBDオイルやCBDを含む化粧品は加工一回毎に製品分析を行い、徹底した安心・安全の品質管理が行われています。

出来上がった製品に関しても、食品や医療品に関する分析・検査サービスにおける世界最大手ユーロフィン社の重金属、残留農薬、微生物混入など世界基準の検査を行っています。

ヘンプタッチについての詳しい記事はこちらをご覧下さい。


ヘンプタッチ公式サイト https://www.hemptouch.co.jp/

【まとめ】CBDをうまく活用してストレスを回避しよう

ネイチャーカン公式サイト https://www.naturecan.jp/

CBDはまだまだ研究段階です。”合う合わない”も個人差があります。是非、今回の内容を参考にしてCBDを上手に活用してみてください。

 

職場の人間関係、育児のストレスなど悩みごとは尽きません。CBDがあなたをストレスから守ってくれるかもしれません。

 

 

参照サイトhealthline

参考文献

(注意点)
※今回ご紹介したCBD商品は医薬品ではありません
※CBDの効果効能に関して海外のメディカルレポートを参考にしています。
※本記事はあくまで個人的な体験談です。
※本サイトで紹介しているCBD商品が同様の効果効能を持つわけではありません。
タイトルとURLをコピーしました