最初に読みたい厳選記事

【保存版】カンナビジオールってどんな効果があるの?

CBD

紀元前2600年頃から鎮痛薬として使用されていた大麻草。現在、大麻草を違法薬物と認定している国がほとんどですが、我々と大麻草の歴史はかなり深いようです。

日本で大麻法が制定されたのは昭和23年。大麻草に対する厳しい処罰が課せられるようになったのは約70年ほどです。

本記事では、近年注目を集めている大麻草に含まれているCBD(カンナビジオール)という成分についてどんな効果があるかを説明します。

【超基礎】CBD(カンナビジオール)って?どんな効果があるの?

そもそもCBDとは

CBD(カンナビジオール)とは植物の大麻草に含まれる成分(総称:カンナビノイド)のうちの一つです。100種類以上の化学物質があると言われており、THC・CBN・CBDはカンナビノイドの三大主成分として知られています。

CBD(カンナビジオール)とは植物の大麻草に含まれる成分(総称:カンナビノイド)のうちの一つです。100種類以上の化学物質があると言われており、THC・CBN・CBDはカンナビノイドの三大主成分はカンナビノイドのおおよそ40%を占めると言われており、日本でも「合法成分」です。

現在世界中でCBD(カンナビジオール)の魅力が広まりつつあり「グリーンラッシュ」と称され美容・化粧・食品など様々なジャンルが2025年までに数百億ドル規模に拡大するとされており、たいへん注目を集めています。

大麻草という言葉からイメージするのは「違法薬物」「麻薬」「マリファナ」といった、いわゆる「ハイの状態」というイメージがあるかもしれませんが、そのような作用になるのはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分であり、THCには日本で厳格な法律が定められています。

CBDに期待されている効果

現在CBDには以下の効果/効能が期待されています。

・鎮痛効果
・抗不安効果
・不眠症軽減
・抗炎症効果
・てんかん治療薬
・抗癌効果
・細菌増殖抑制

と幅広い効果が認められており、依存性もないと言われています。

このような効果は実は「人間が本来持っている機能」であり、ECS(エンドカナンビノイドシステム)と呼ばれています。このECSが免疫・神経・睡眠・痛み・記憶に関する機能を調整しています。これをCBD(カンナビジオール)にて補うことで、人間本来の機能をサポートしてくれるという訳なんです。

 

現在、注目されている効果/効能をいくつかピックアップします。

CBDは、てんかん治療薬として認められている

CBDを含有するエピディオレックス®は、実際にアメリカ合衆国で承認されており、ドラベ症候群やレンノックス・ガストー症候群の難治性てんかんの発作抑制効果が高く 既存の抗てんかん薬が効かなかった患者やその家族にとって大きな希望となる医薬品として使用されています。

アメリカ合衆国以外では、現在オーストラリアが治験実施中、EU 諸国が欧州医薬品 庁(EMA)の承認待ちであり、また同成分はタイやフィリピン、韓国などのアジア諸国でも承認されており、 世界的な動向として積極的にその効果が認められていることから、日本においても諸外国に遅れをとらない よう承認に向けてのうごきが期待されます。

引用:公益社団法人日本てんかん協会

不眠対策

不眠に対しても効果があると期待されています。当サイトでも海外文献を参考に詳しくまとめていますので、不眠でお悩みの方は一度読んでみてください。

ぐっすり眠りたい人へ | WHOが有効性を示した「CBD」とは?
仕事のストレスや日々の育児で眠れない。大きなプレゼンを控えているのに疲れが溜まってグッタリ.....。そんなときに「あるもの」を舌下に数滴たらして、舌下粘膜に擦り込む感覚で1分ほど待ちます。するとその夜にはグッスリと眠れたのです。

鎮痛効果

慢性痛や運動の際に痛めた傷で悩んでいる人に対しても効果が期待されています。

現在アメリカではオピオイド系鎮痛剤の依存性が社会問題となっており、過剰摂取(オーバードーズ)による死亡事故が後を絶たないため、依存性や乱用性の少ないCBDに自然と目が向けられるようになってきました。

そういったオピオイド系鎮痛剤の乱用(摂取量)を減らしたり、副作用や依存症に苦しむ人を救うという意味でCBDが注目されています。

CBDがどのような影響をもたらすのか、くわしくまとめた記事もありますので参考にしてみてください。

CBDに期待される鎮痛作用とは?| 服用前に知っておきたいこと
アメリカではオピオイド系鎮痛剤の依存性が社会問題となっており、過剰摂取(オーバードーズ)による死亡事故が後を絶たないため、依存性や乱用性の少ないCBDに自然と目が向けられるようになってきました。 そういったオピオイド系鎮痛剤の摂取量を減らしたり、副作用や依存症に苦しむ人を救うという意味でCBDが注目されています。

CBDの摂取方法を5つご紹介

アメリカやヨーロッパ諸国では既に様々な方法でCBDを摂取しています。具体的にどのような方法で摂取するのかをまとめてみました。

CBDオイル

最も一般的な使用方法であり、舌下摂取が主になります。電子タバコのような吸い込むタイプが苦手な方にもおすすめです。

CBDオイルをどのように摂取していいのかわからないという方も多いと思います。こちらの記事で具体的に説明しているので参考にしてみてください。

【実体験レビュー】Greeus(グリース) CBDオイル の口コミや評判をまとめてみた
今回はスイス産のCBDを使用した正真正銘国産ブランドGreeus(グリース)のCBD オイルを実際に購入し、徹底レビューしました。ポイントは「どのCBD オイルを購入していいのかわからない」 「Greeus(グリース)のCBD オイルは効果があるのか?」 「他社と比較してコスパを知りたい」という方に向けたレビューです。

おすすめ国産CBDブランド【Greeus公式】

VAPE(ベイプ)

煙を吸引してCBDを摂取するタイプです。CBDオイルの味が苦手な方、普段から喫煙されている人には試しやすいです。

 

【実体験レビュー】GREEN BULLDOG (グリーンブルドッグ)の使い捨てCBDポッド 試してみた
CBD(カンナビジオール)とは大麻草から抽出される天然成分のひとつで、ストレス緩和や鬱防止、疼痛(とうつう)効果、不眠改善などの効果が期待されています。本記事では、そんな大注目のCBD 成分を電子タバコ(Vape)にした 「GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)使い捨てCBD ポッド」を実際に購入し、不眠対策・ストレス解消できるのか?をレビューしてみたいと思います。

 

おすすめのCBD_VAPEブランド CBDfx

 

カプセル

オイルでの摂取やVAPEでの摂取、どうしてもCBDno味や香りが苦手な方はカプセルタイプがおすすめです。サプリメント感覚で取り入れたい方にもおすすめです。高純度のCBD を配合することが可能で、カプセルが腸の中で溶けるため腸に CBD が直接働きかけます。1粒が小さいので飲みやすく、携帯にも便利なのでいつでもどこでも気軽に CBD を摂ることができます。

GreeusのCBDカプセル【公式】

CBDグミ

CBD入りのグミもおすすめです。就寝前に食べることで睡眠誘導につなげている方も多いです。オイルの苦味やVAPEの煙を吸い込む行為が苦手な方がグミから始めるといいでしょう。筆者はCBDオイルからスタートしましたが、現在はCBDグミを普段摂取しています。

HEMP Baby CBDグミ公式

CBDプロテイン

注目の商品です。ワークアウト(筋トレ)に取り組んでいる方にもおすすめです。特に運動直後の睡眠にアプローチしてくれるのでワークアウト後はリラックスできます。

  • 遺伝子組み換え原料不使用
  • 砂糖・甘味料不使用
  • 添加物不使用
  • 着色料・香料不使用
  • 小麦たんぱく質不使用(グルテンフリー)
  • ビーガン対応
グリースのCBDプロテイン購入レビュー | 気になる口コミや効果は?
CBDとはヘンプ由来の成分です。ヘンプと聞くと「違法性」や「陶酔感」「依存性」をイメージする人がいると思いますが、むしろ不眠対策・抗不安として認められ始めている成分なんです。本記事では日本初発売となったグリース社のCBDプロテインの効果やメリット・気になる口コミをまとめています。

CBDバーム

塗るタイプの CBDもあります。依存性の強い鎮痛剤に変わる成分として注目されており、アメリカでは CBDバームが非常に人気です。

CBDバームを試してみた | CBDfx 実体験レビュー
簡単に言うとバームとは「軟膏」のこと。水分をほとんど(もしくは全く)含まないオイルが固形化された軟膏のことを意味します。肌の保湿やバリア機能を高める効果も発揮します。そこにCBD(カンナビジオール)を加えたものがCBDバームとなります。そこで今回はCBDバーム一番人気のCBDfxを特集します!

まとめ

CBDには期待される効果が非常に多く、摂取方法も多岐に渡っています。ストレス社会の現代を力強く生き抜いていくためにCBDは必要不可欠かもしれません。この内容が、みなさんのCBDのきっかけになってくれればうれしいです。

 

タイトルとURLをコピーしました