最初に読みたい厳選記事

ぐっすり眠りたい人へ | WHOが評価する不眠対策「CBDオイル」とは?

CBD

仕事のストレスや日々の育児で眠れない。大きなプレゼンを控えているのに疲れが溜まってグッタリ…..。そんなときに「あるもの」を舌下に数滴たらして、舌下粘膜に擦り込む感覚で1分ほど待ちます。するとその夜にはグッスリと眠れたのです。

外資系企業に勤務する筆者が上司(外人)から勧められ、試したのが

CBD(カンナビジオール)オイル

このオイルというのが、大麻草の成分から抽出されるWHO(世界保健機構)より有効性が認められた安全なオイル。みなさんがイメージする大麻のような陶酔効果が現れる違法なものでは決してなく、むしろ様々な健康効果が認められた驚くべきオイルだったのです。

本記事を読むことでCBDオイルの睡眠に対する有効性が分かります。

不眠に悩む日本人

今や日本人の3人に1人が、睡眠に関して何らかの悩みを持っていると言われており、20人に1人の割合で睡眠薬を摂取しています。

不眠は精神疾患の入り口とも言われており、長く続くことにより睡眠薬の耐性も出てきてしまい、薬物濫用のきっかけにもなりかねません。

一方CBD(カンナビジオール)は、人間本来の体内時計を通常に戻してくれるとも言われており不眠で悩む多くの人を救っているのも事実です。

WHO(世界保健機構)が有効性を評価

この「CBD(カンナビジオール)」に認められている効果というものが

不眠症軽減
・痛みを緩和(胃痛・頭痛・歯痛)
・不安、鬱などの症状を軽減
・てんかん、リウマチ、皮膚病への効果
・薬物乱用抑制効果
・ペットへの使用も可能

と非常に幅広い効果が認められています。

欧米では「エピディオレックス®」という薬剤がてんかんに対する医薬品として認可され、今後10年で世界のCBD市場が数倍規模になるとの報告もあります。

CBD(カンナビジオール)は違法か?合法か?

結論から言いますとCBDは違法ではありません。合法です。

所持も使用も問題ありません。安心して使用してください。

THCの含有量が違法の基準になる

大麻草には3大成分THC・CBN・CBDが存在します。そのうちTHC(テトラヒドカンナビノール)が日本では違法の成分となります。

THCには精神作用があり、薬物に対するイメージとしての「陶酔状態」はTHCによって起こります。

日本では特にTHCの含有量が厳しく規制されており、「検出不能(ND)」である必要があります。(大麻取締法)

参考までにヨーロッパではTHC含有量が0.2%以下・アメリカでは0.3%以下でTHCゼロ表示が可能なため、通販サイトからCBDオイルを購入する際は注意が必要です。特に「フルスペクトラム製法」という大麻草の生搾り状態のCBDオイルは本来であれば純度も高く効果も感じやすいのすが、若干THCが含有されており検出された場合、日本では違法なので注意が必要です。

 

不眠とCBDの関係

引用:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/7028792/

海外ではCBD(カンナビジオール)の研究が非常にすすんでいます。

例えば上記の医療サイトですと、睡眠やてんかん症状にCBD(カンナビジオール)がどれほど効果があるのか?という医療記事なのですが、結果から言ってしまうと睡眠障害に悩む多くの患者がCBD(カンナビジオール)を摂取することで症状が改善したと明記されています。

また、1日160mlほどCBDを大量に摂取すると睡眠に効果があるのではないかとも言われていますし、逆に少量摂取の場合だと覚醒作用があるかもしれないという研究結果も出ており、テルペノイドやプラセボと作用して睡眠に効果がでるような2相性があるのではないかとも言われています。

まだまだ研究段階であり、今後に注目です。

 

安心してCBDオイルを購入するには?

繰り返しますがCBDオイルそのものは違法ではなく、多くの効果が望める安心して摂取できるオイルです。CBDオイルに「THC成分」が混入していた場合に違法となります。

安心して購入するには以下のポイントに注意しましょう。

  • 成分にTHCが検出不能(ND)であるか?
  • 安心して購入できる販売店か?

上記の2点を特に確認するようにしてください。

正規の販売代理店であれば、違法な場所から抽出していないことを証明する誓約書や成分分析表、作業工程法を厚生労働省に提出しています。そのことにより大麻取締法はもとより薬機法(旧・薬事法)をクリアしているので安心して購入することができます。

(証明証の例)

引用:https://store.cbdmania.jp/

筆者が購入してみて、実際に信頼できるCBD販売店 2社をご案内

PharmaHemp(ファーマヘンプ)社

PharmaHemp(ファーマヘンプ)社はヨーロッパ(スロベニア)に本社を置く、1965年創業の老舗CBDブランドです。

1990年代にヘンプ化粧品のラインナップを発表。オーガニックのCBDを使用し、コールドプレス(冷間圧縮)製法により、より純度の高いCBD製品を発売しました。

その後、PharmaHemp(ファーマヘンプ)社のCBDに対する信頼性はますます高まり、世界60か国以上に展開。現在もCBDのパイオニアとして力強く業界を牽引しています。

PharmaHemp(ファーマヘンプ)についてもっと詳しく知りたい方は下記をどうぞ

【CBD老舗】PharmaHemp(ファーマヘンプ) の魅力とCBD商品まとめ
皆さんはCBDオイルの老舗であるPharmaHemp(ファーマヘンプ)って聞いたことありますか? 本記事は そもそもCBDについて詳しく知りたい 安心安全なCBD商品を購入したい PharmaHemp(ファーマヘンプ)社について知りたい という方のサポートになればと思っています。

hemptouch(ヘンプタッチ)社

hemptouch(ヘンプタッチ)は全ての製品の原料であるヘンプから完全にオーガニックなCBDを抽出しており、製造する全ての製品は人工的な防腐剤、パラベン、ミネラルオイル、シリコンは一切使わず、全原材料が植物ベースなのも安心感があります。

抽出されたCBDオイルやCBDを含む化粧品やその他の最終製品は、バッチごと(加工一回毎)に分析をし、品質管理をしています。

hemptouchに関してもっと詳しく知りたい方は下記をどうぞ

ヘンプタッチお試し980円 CBDオイルを買ってみた
CBDオイルの魅力が世界各地で認められ、日本でも一気に認知度が広まりましたね。ところがネットで調べてみると安心して購入できるブランドが少ないような気がしませんか?ツイッターのタイムラインは電子タバコの煙がフワァ〜と舞い上がった感じでなんだか怖い雰囲気だし、インスタグラムで調べてみても水着のお姉さんが怪しい広告塔になっているような。。。今回、ご紹介するのは自然豊かなスロベニアから届いたオーガニックCBDブランドhemptouch(ヘンプタッチ)をご案内します。

 

【まとめ】不眠対策にCBDオイルは効果的である

CBDオイルは味にクセがあり、苦手に感じる人もいますが毎日継続することでストレスや不眠が改善することが期待できます。みなさんもCBDオイルでストレスの少ない健康生活を送りましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました