最初に読みたい厳選記事

【3分で解説】CBDオイルは茎から抽出しなければいけないワケ

CBD

CBDの様々な有効作用が認められ、アメリカ・ヨーロッパを中心に、急速に普及し始めています。

 

CBDというのはCannabidiol(カンナビジオール)のことで、植物の大麻草に含まれる成分のひとつです。

 

皆さんが大麻草でイメージする「陶酔作用」というのはTHCという成分のことであり、今回ご紹介するCBD(カンナビジオール)にそのような作用は認められていません。

 

それどころかCBD(カンナビジオール)がもつ効能について様々な研究がされており、代表的なものに以下があります。

  • 発作(てんかん発作)
  • 不眠
  • 抗不安作用(うつ病・不安障害)
  • 抗炎症作用(アトピー性皮膚炎)
  • 鎮痛作用(関節炎)

こんなにも多くの効能を期待されているCBD(カンナビジオール)

ところが、CBD(カンナビジオール)を「どの部分から抽出したか」で日本に輸入できるか、できないかが決まってくるんです。詳しく説明しますので、間違って違法なCBDを購入しないように注意しましょう。

 

 

【3分で解説】CBDオイルは茎から抽出しなければいけないワケ

そもそもCBDはどこから抽出される?

CBD(カンナビジオール)は大麻草のどこからでも抽出できるというわけではありません。主に花穂から抽出します。

 

ここで大麻取締法が登場します。

大麻取締法 第1条
この法律で『大麻』とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

 

つまり、「茎以外から抽出されたCBDは違法」となります。(種子を除く)

 

よって国内に流出しているCBDを購入する場合は「茎から抽出されているCBD」を選ばなければなりません。

 

芸能人の方がヘンプシードオイルからCBDを摂取しているような広告も見受けられますが、シード(seed)=からCBDを抽出することはかなり難しいと言われています。

 

現在品種改良が重ねられ、種からCBDが摂取できたとしても非常にわずかな量となります。

現在の法律では花穂や葉から抽出した場合、THC(陶酔作用成分)が多く含まれているため違法となりますので注意しましょう。

 

 

違法なCBDに注意

実際、日本で販売しているCBDにTHCが入っていることがありました。違法なCBDオイルとして厚生労働省から一時、販売停止命令がでていたケースもあります。

茎から抽出したCBDオイルを購入しましょう

参照:Greeus(グリース)

 

CBDオイルの購入を検討している方は必ず茎から抽出されたCBDオイルにしましょう。

CBDオイルそのものは違法性がないから心配ないよね?

として海外旅行の際に安易に持ち帰ったり個人輸入をすると違法行為となってしまう可能性があるので十分に注意しましょう。

 

CBDオイルを試したい場合は、日本に正規代理店として展開している安心できるCBDブランドから購入するようにしましょう。

 

 

安心できるCBDブランドを選ぼう

筆者も愛用している代表的なブランドを2つピックアップしました。

初回980円CBDオイルが魅力的な 【ヘンプタッチ(hemptouch)】

 

参照:ヘンプタッチ

 

厳しい基準をクリアしたスロベニア産オーガニックCBDのみを使用した高品質CBDブランド。筆者もスキンケア用品で愛用しており、効果を実感しておりおすすめしやすいです。

>>ヘンプタッチ公式

 

コスパ最強!安心安全国産CBDオイル 【Greeus(グリース)】

 

 

スイス産の厳選されたCBDを使用した国産CBDオイルです。何といってもコスパ最強なのが魅力的。現在国内に流通しているCBDオイルの中でも群を抜いて高品質かつ低価格を実現しています。

>>グリース公式

 

大手ブランドの CBD 1mgあたりの単価をまとめてみました。

ブランド名CBD1mgあたりの単価CBD 濃度
ファーマヘンプ
(Pharma Hemp)
14.84円6.6%
シービーディ エフエックス
(CBD fx)
11.2円5%
アステカ
(AZTEC)
9.95円40%
コイ ナチュラルズ
(Koi Naturals)
9.93円6.6%
ヘンプタッチ
(hemptouch)
6.53円3%
グリース
(Greeus)
6.53円5%

ヘンプタッチとグリースのコスパの良さが際立っていますね!

>>グリース公式

>>ヘンプタッチ公式

【まとめ】CBDを活用してストレスから解放された人生を歩もう

現在CBDには様々な効能が期待されており、個人的に感じた効果が以下です。

  • 膝の痛みが改善
  • まぶたの痙攣(けいれん)が治った
  • 不眠の解消
この3点の効果を感じており、非常に驚いています。

 

アメリカではオピオイド系鎮痛剤の依存性や過剰摂取も社会問題となっており、依存性の認められなかったCBDの登場により疼痛対策に一筋の光が差してきました。

 

あくまでも茎から抽出したCBDオイルを購入し、皆さんがストレスや痛みから解放された生活を歩んでもらうことを心から願っています。

>>グリース公式

>>ヘンプタッチ公式



タイトルとURLをコピーしました