最初に読みたい厳選記事

CBD はどこで買える?くわしく解説します【初心者向け】

CBD

アメリやヨーロッパを中心に「グリーンラッシュ」と称されたCBDブームが起きています。

CBDには人間が本来持っている機能を最大限まで高めてくれるアントラージュ効果というものが認められ始めており、不眠に悩む方や仕事のストレスで悩んでいる方に大変おすすめできます。

でも、いざ購入しようとなるといったいどこで購入すればいいのか悩んでしまいますよね?

本記事ではそんな悩みを持っている方に向けてCBDの購入方法を解説していきます。

【初心者向け】CBD はどこで買える?くわしく解説します

CBDを購入する方法として主に4種類があります。

  • 大手ECサイト(楽天市場、Yahoo!ショッピング)
  • CBD専門ECサイト(VapeMania、CBDMANiA 等)
  • メーカー直販サイト(HempTouch等)
  • 実売店舗(百貨店、CBD専門店、ドンキホーテ等)
CBD商品は多くの場合、ECサイトで購入するケースがほとんどでしたが、専門ECサイトが実店舗をオープンしたり百貨店での展開も始まっており、実に様々な販路があります。

本記事では4つの購入方法をピックアップします。皆さんのCBDを購入する際に参考になれば幸いです。

大手ECサイト(楽天市場、Yahoo!ショッピング)

Yahoo!ショッピングはこのように表示されます。

続いて

楽天市場はこのような感じです。

CBD商品は大手ECサイトでの取り扱いがあります。皆さんが普段ご利用している大手ECサイトにアクセスし、「CBD」と検索すると非常に多くの種類のCBD商品を確認することができると思います。

大手ECサイトのメリット・デメリット

大手ECサイトで購入する際のメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
  • 種類が豊富
  • ポイントが貯まる
  • 慣れているサイトで購入できる
デメリット
  • 種類が多すぎて選びにくい
  • 怪しい商品も多い

大手ECサイトは多くのCBD商品を扱っており、さまざまなCBDブランド商品が見つかります。

皆さんが普段買い物をするような、いつもの感覚でCBD商品を購入できるので、利用する側としてもとても安心ですよね。ところが膨大なアイテム数が出てくると、CBD初心者の方には

どれを選んでいいのか分からない

ということになりかねません。

初めから「このブランドのCBDオイル」と決まっていれば別なのですが、非常に多くのアイテム数から自分に合ったCBD商品を見つけるのは、なかなか難しいでしょう。

AmazonでCBDは購入できないの?

大手ECサイトといえば「Amazon」という方も多いと思います。ところがAmazonではCBDを含む商品の出品が規約で禁じられています。

詳しくはこちらの記事でまとめています。

CBDグミ| amazonで購入できない理由
CBD商品のブームが確実に日本にもやってくると言われています。中でもダントツで人気なのが「CBDグミ」です。しかしながら数年前、amazonからCBDグミが突然、姿を消してしまいました。一体何があったのでしょう?本記事では、amazonから消えた考えられる理由と、amazon以外で購入する方法についてまとめています。

CBDで検索するといくつか商品がヒットするかとは思いますが、規約違反を承知の上で出店しているので購入することはあまりおすすめしません。

CBD専門ECサイト(VapeMania、CBDMANiA 等)

個人的におすすめするのが、CBDを専門に取り扱っているECサイトです。「CBD専門」ということもあり、様々なブランドのCBD商品を取り扱っているのが魅力です。

CBD専門ECサイトのメリット・デメリット

それではCBD専門ECサイトのメリット・デメリットをみてみましょう。

メリット
  • CBDの種類が豊富
  • サイトによってはポイントが貯まる
  • CBDの基礎知識や使い方などの説明が豊富
デメリット
  • 認知度がまだまだ低い
  • 大手ECサイトではないので不安がある

CBD専門サイトだけあってCBD関連の商品が豊富です。

  • オイル
  • Vape(電子タバコ)
  • グミ
  • クリーム
  • プロテイン
  • カプセル
  • フェイスマスク

といった具合に種類がとても豊富です。

しかも、「これぞ専門ECサイト」といったコンテンツが用意されており、初心者にもわかりやすく、購入しやすいサイトになっています。

初めての方でもCBDの成分や特徴、使い方をレクチャーしてくれているのでとても心強いです。

ただ、楽天市場やYahooショッピングのような馴染み深いECサイトではないので不安に思う方も多いと思います。

中にはCBD専門サイトと偽った悪質なサイトである可能性もゼロではありません。

そこで下記のCBD老舗2サイトを紹介しますので、CBDをスタートしてみたいという方は是非とも見てみてください。

CBD MANiA(シービーディーマニア)

CBDMANiA(シービーディーマニア)は、「私は整う、そして輝く」をコンセプトに原材料にこだわり天然ナチュラルなサプリメントオイルを提供するオーガニックナチュラルストアです。

女性の方でも抵抗感なくCBDの魅力を体感できるように工夫されています。CBDMANiAが提供する商品は、メーカーまたは総代理店からの正規なルートで通関した製品のみとなります。

個人輸入ではなく商用輸入した製品なので安心安全です。

こちらの記事で詳しくまとめています。

【CBD専門ショップ】CBDMANiA(CBDマニア)購入マニュアル
皆さんは「CBD(カンナビジオール)」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか? ひょっとしたら耳慣れない単語かもしれませんね。CBD(カンナビジオール)というのは、 アメリカやヨーロッパでブームを巻き起こしている大麻草から抽出された成分のこと。 大麻草と聞くと「危ない」「麻薬」と連想しがちですが、日本でも歴(れっき)とした合法の成分なんです。 そう、全く身体に問題ないどころか続く

CBDMANiA公式

VapeMania(ベイプマニア)

Vape(電子タバコ) や CBDについての理解を深めていって本当の意味での VapeMania となるべく、CBDの専門性を追求したサイトです。

店長自らが現地へ足を運び、話を伺い、実際に味わい、厳選した Vape デバイス及び Vape リキッドを提案しています。

もちろんVapeだけでなくオイルグミといった人気アイテムの品揃えも豊富です。

VapeMania公式

メーカー直販サイト

CBDを製造しているブランドから直接購入することも可能です。

メーカー直販サイトのメリット・デメリット

メリット
  • 自分好みの商品を見つけやすい
  • 特定商品の在庫が豊富
  • アフターフォローが充実
デメリット
  • 認知度がまだまだ低い
  • ブランドを比較することはできない

メーカー直販サイトということもあり、当然ながら品揃えが充実しています。幅広く取り揃える販売店とは異なり、在庫が豊富なのも魅力です。

お気に入りのブランドが見つかった場合は大変おすすめできます。それでは、国内で買えるCBDブランドの直販サイト3つご紹介します。

HempTouch(ヘンプタッチ) 980円CBDオイル

オーガニック由来のCBDを使用し、そのクオリティーの高さから多くの賞を受賞しているHempTouch(ヘンプタッチ )。非常に高品質で、初めてCBDをスタートする方には本当におすすめです。

私もCBDライフはヘンプタッチからスタートしました。こちらの記事で詳しくまとめています。

ヘンプタッチお試し980円 CBDオイルを買ってみた
CBDオイルの魅力が世界各地で認められ、日本でも一気に認知度が広まりましたね。ところがネットで調べてみると安心して購入できるブランドが少ないような気がしませんか?ツイッターのタイムラインは電子タバコの煙がフワァ〜と舞い上がった感じでなんだか怖い雰囲気だし、インスタグラムで調べてみても水着のお姉さんが怪しい広告塔になっているような。。。今回、ご紹介するのは自然豊かなスロベニアから届いたオーガニックCBDブランドhemptouch(ヘンプタッチ)をご案内します。

ヘンプタッチの魅力は何と言っても初回限定980円のトライアルセットです。980円であれば初めての方でも試しやすいですし、CBDが自分に合うかどうかを確認することができます。

初回限定トライアル(おひとり様1回限り)特別価格980円

+WEED(プラスウィード) 最強の濃度60%でCBDを体感

超濃度CBDが売りの国産CBDブランドです。

超高濃度CBDをVape(電子タバコ)で摂取するタイプです。定期コースの場合、最大10%OFF、送料無料、ポイントが貯まるといった特典が多いのも魅力。

全ての商品をどこよりも詳しくレビューしていると思います。ぜひ下記の記事を参考にしてください。

プラスウィード(+WEED) 価格と種類を詳しく解説
話題のCBDブランド、プラスウィード(+WEED)は現在7つのCBD製品ラインナップです。本記事では全てのプロダクトの価格や詳細をまとめています。更には、どんな人にどんなCBD製品が向いているのかもどこよりも詳しく徹底的に分析しています。必ず好みのアイテムが見つかりますよ。

【公式】+WEED

ネイチャーカン(Naturecan) ※個人的に一番おすすめ

イギリス/マンチェスターに本社を置くグローバルCBD企業です。

特徴は何といっても厳しい7つの検査基準。筆者もここまで検査が厳しく、透明性を全面に出しているブランドは見たことがありません。

クーポンコード HIRAOKA15

購入時にこちらのコードを使用で全商品15%OFFでディスカウント可能です。

こちらの記事で詳しくまとめています。一度、読んでみてください。

【ネイチャーカン(Naturecan)】 CBDオイルを購入した3つの理由 ※割引コードあり
ウェルネス業界においてCBD(カンナビジオール)の効果が少しずつ認められ始めてきており、様々なCBDブランドが登場してきました。「いったい、どのCBDブランドを選べばいいの?」こんな疑問が増えてきているのも事実です。そこでCBDについて徹底的に調べた筆者が購入を決めたブランドネイチャーカン(Naturecan)についてレビューしたいと思います。

実売店舗(百貨店、CBD専門店、ドンキホーテ等)

百貨店のオーガニックショップからドンキホーテまで、直接CBD商品が店頭に並ぶようになりました。

伊勢丹新宿本店でも、先ほど述べたヘンプタッチ のPOP UPショップが期間限定でオープンするなどCBDが身近な存在になってきています。

実売店舗のメリット・デメリットは以下です。

メリット
  • 実際に商品に触れることができる
  • 販売員の説明やアドバイスを直接聞くことができる
デメリット
  • まだまだ取り扱い店舗数が少ない
  • CBDの種類が限られる

実際にアドバイスを受けながら購入できるのは安心感がありますね。ただ、専門店はまだまだ取り扱い店舗が少ないのが実情ですし、都内に集中しているので近くで購入できないケースも考えられます。

コロナの影響でネットでじっくり考える人が増えてきたのも事実です。

ドンキで売ってるCBDリキッドってどうなん?どこよりもわかりやすく解説
ドンキではCBD コーナが設置されており、CBD に対する認知度が高まってきているなと感じました。そこで人気のあるブランドをいくつかピックアップしてみました。GreenBulldog(グリーンブルドッグ ) 、+WEED(プラスウィード)、REGRA、C-Tec、NATUuR そこで分かった事が、、、

【まとめ】CBDで人生を充実させよう

以上がCBDの具体的な購入方法でした。

・大手ECサイト(楽天市場Yahoo!ショッピング
・CBD専門ECサイト(VapeManiaCBDMANiA 等)
・メーカー直販サイト(HempTouch等)
・実売店舗(百貨店、CBD専門店、ドンキホーテ等)

ぜひとも上記を参考にCBDを購入してみてください。

仕事のプレッシャーやストレスで悩んでいる方、不眠気味の方、関節の痛みに悩んでいる方などにCBD をおすすめします。

是非、一緒にCBDライフを充実させましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました