最初に読みたい厳選記事

【暴露します】低反発vs高反発 結局どっちがいいの?

寝具関連

腰痛対策のマットレスを探していると高反発と低反発に分類されていることがよくありますよね?いったいどちらがいいんだろう?と思いますし、ネットで調べてみると非常に多くの記事が高反発をプッシュしているように感じませんか?

【暴露します】低反発vs高反発 結局どっちがいいの?

  • 低反発と高反発の違いは?
  • 腰痛に良いのは結局どっち?

今回はこのような疑問に答えながら、様々な裏話をご紹介していきます。

高反発と低反発の基準

日本工業規格(JIS)にはこう書いてあります。

  • 低反発タイプ 反発弾性 15%未満
  • 高弾性タイプ 反発弾性 50%以上

 

鉄球を一定の高さから落下させ、落とした高さに対し何%跳ね返るかというものです。低反発は15%未満なので跳ね返りが少なく、高反発は50%より高く跳ね返るということになります。

 

高反発は「寝返りが打ちやすいようにサポート」

低反発は「包み込んで寝返りの数を減らす」

といった概念になります。



腰痛の人は高反発がおすすめなの?

「腰痛対策として高反発マットレスを選ぶべき」

という広告をよく見かけませんか?

例えば腰痛」とGoogle検索すると

  • 高反発マットレスを探すことが最重要
  • 同じ姿勢で寝るのは危険である
  • 人間の寝返りの平均回数は○○回以上

どのインターネットサイトを見ても整体師や医師など専門家の意見と称して腰痛対策マットレス=高反発マットレス」と主張しているのをよく見かけます。

専門家の意見は非常に影響力が高く「専門家が言うのだから間違いない」といったメディア戦略が横行してしまいます。

ここで奈良女子大学の研究資料を紹介します。

青年男女の寝姿勢と体動に関する研究」という研究資料です。

寝返りの回数に関して、

  • 男性被験者では平均59回(16回〜88回)
  • 女性の被験者の平均は16回(3回〜34回)

になっています。同じ敷寝具で眠って、男女によってもここまで大きな違いが出ているのです。ですので、平均的な寝返りの数を根拠に寝返りの回数を主張した寝具を推奨すること自体がナンセンスと言う事になります。

この研究結果には、寝具の素材に関しての記述はありますが「どのような種類の寝具を使用した」のか具体的な記載は一切ありません。寝返りの影響を与えるのはマットレスにも関わらず、肝心なマットレスの詳細が記載されていないのは、寝具に対する関心の低さを露呈しています。

つまり腰痛で悩んでいる方が病院に相談したとしても「とりあえず寝返りのうちやすい寝具」という曖昧な答えしか返ってこないと容易に推測できます。事実、筆者も同じ経験をしました。

個性派インテリア家具【CASA HILS】

低反発はヘタリやすいの?

ほとんどのサイトでは、低反発はヘタリやすいと表現されており間違った情報が一人歩きしていると筆者は感じます。低反発の代表的メーカーであるテンピュール®︎はマットレス10年保証ですので耐久性はトップクラスです。テンピュール®︎を真似したメーカーの耐久性が低かったことが発端になっていると言われています。

低反発は蒸れやすい?

更に目につくのは低反発は蒸れやすいという記事です。確かに粗悪な低反発商品は蒸れやすいのも事実かと思いますが品質が良い低反発素材は「オープンセル構造」という穴あき状のフォームなので通気は問題ないと思います。

たまに見かける記事でも

オープンセル構造は通気性が良いのは事実ですが、

かといって風が通るようにさらっと爽やかか、というと随分違います。

実際にはウレタン系は通気性は弱いと考えてください。

このような非難記事も見かけます。

ぶっちゃけますと

高級スプリングマットレスメーカーの多くは、ポケットコイルなどの特徴あるコイルの上部にウレタンを使用したピロートップ(もしくはユーロトップ)と言われる2層構造を売りにしていますので

そのまま鵜呑みにすると世の中のほとんどの高級路線のマットレスが通気が悪いことになると言っていることになりますし「高反発マットレスが素晴らしい!」といったようなナンセンスで短絡的なサイトが多すぎます。

なぜなら多くの高反発メーカは多くのメディアのスポンサーになっていることが多いからです。更にはブログのアフィリエイトにも力を注いでいます。だから高反発を推奨する記事が多かったのです。ぶっちゃけメディア操作ということです。ここに気づいてからは筆者は高反発や硬いマットレスで寝ることをやめました

暑さ対策

クール敷パッド等で寝苦しい夜を難なく乗り越えることも可能ですし麻のシーツにするだけでも劇的に変わります。

粗悪な低反発マットレスを具体例に出して「低反発は暑いから高反発がおすすめって書いておけばスポンサーである高反発ブランドへ誘導するのは簡単です。

 

【まとめ】低反発vs高反発 結局どっちがいいの?

結論から言ってしまうと

  • 日本のメディアが高反発マットレス寄り
  • 理由はアフィリエイト(広告収入)はほぼ高反発メーカー
  • 世界的にはmemoryform(低反発)が主流

のが実情です。

メディア戦略に惑わされずに自分に合ったマットレスを選びましょう

【リアル体験】テンピュールで腰痛改善した筆者の例

ここで筆者のリアル体験を紹介します。実は筆者も高反発マットレスを購入したことがあります。当時ネット検索して選んだ記憶があるので、典型的なカモですね、はい。

個人的に睡眠が全く改善しなかったので世の中の「高反発推し」のサイトの多さに疑問を感じ、こんな仮説を立てました。

実は寝具業界全体の情報がコントロールされていて本当に寝心地の良いマットレスがきっとどこかにあるのではないか?

今思えば、ただのひねくれ者でしたが(笑)ここに気づけたのが幸いでしたし、これが寝具業界の闇を調べるきっかけにもなりました。実際かなり多くの家具店や百貨店に足を運び再度、高反発のマットレスも試しました。そして自分にとってはテンピュールが自分にとってベストなマットレスだということに気づきました。もちろんテンピュールから広告収入はいただいておりませんし、あくまで個人的な感想です。

(体験記はこちらをご覧ください。)

【結論】ネットでの評判に左右されず直接試すべき

一番伝えたいのは、ネットだけの情報に踊らされてはいけないということです。事実、筆者も高反発マットレスが最も身体に適していると思い込んでいましたし、実際試して見るとテンピュールが最も筆者の身体に合っていましたことを発見できました。事実、腰痛が劇的に改善しました

人生の3分の1は睡眠と言われています。みなさんも良い寝具に出会って人生を豊かにしましょう!

本記事は低反発マットレスに対しての間違った情報が溢れているため筆者の腰痛改善談を混じえて、誤解を解きたいという想いから作成してます。

タイトルとURLをコピーしました