最初に読みたい厳選記事

【私の年収が爆上がりした】 快眠グッズおすすめ3選

寝具関連

まずは、少し大袈裟なタイトルにして申し訳ありません。

ただ、本記事で「不眠で悩んでいる方々の力を救いたい」という気持ちは本当です。多くの方々に読んでいただきたいという想いから、このようなタイトルにしましたが、決して後悔しないような内容となりますので、是非とも最後まで読んでいただけると嬉しいです。

筆者は、外資系企業に務めるビジネスマンです。仕事の結果が給与に直接結びつく達成感もあり、結婚や子どもが生まれたことで精力的に仕事を頑張っていました。

数年前のことになりますが、予算が数億円の新しいプロジェクトの重圧から、そのストレスでなかなか眠りにつけないことが多くなってきました。

プロジェクトは無事成功したのですが、不眠の影響で仕事のパフォーマンスが格段に落ちていることに気づき、「良い睡眠が 良いパフォーマンスを産む」のではないかと思いました。

まず、ワークアウト(筋トレ)を開始しました。同時に睡眠グッズを色々試した時期でもありました。

アロマやヒーリング音楽、耳栓も購入しました。寝具にもこだわり、高反発マットレスを購入しました。しかしどれもパッとせずモヤモヤしていた頃、私の上司(英国人)とフライト前に勧められたのが「CBDオイル」と「テンピュールのマットレス」でした。

劇的に睡眠が改善し、昼間のパフォーマンスが比較にならないほど上がりました。もちろん年収も上がり、同時に朝活を開始。更に効率的に仕事ができるようになりました。

そして今こうしてこのようなブログを書くことができるまで成長しましたし、これからもまだまだ成長していきたいと思っています。

本記事では仕事のパフォーマンスが劇的に向上した快眠グッズを紹介したいと思います。

【私の年収が爆上がりした】 快眠グッズおすすめ3選

テンピュールの「フトンデラックス」薄型マットレス 69,300円

私にとって睡眠革命となったマットレスブランド TEMPUR(テンピュール)です。

NASAの宇宙機関が承認した唯一の素材「テンピュール」。寝返りの打ちやすさのみを追求した高反発マットレスとは異なり、寝返りの数が大幅に減少し熟睡できるようになりました。

長年悩んでいた腰痛もあっという間に改善し、個人的にはなくてはならないマットレスになりました。

こちらの記事で体験レビューを書いています。

【体験レビュー】フトンデラックスは腰痛を悪化させる?テンピュールを3ヶ月使って分かった真実
テンピュールのマットレスで寝ると寝返りが減少します。ところが「寝返りは多い方がいいのでは」という意見の方いらっしゃいませんか?専門家の意見は非常に影響力が高いので「専門家が言うのだから間違いない」といった偏った意見になってしまいます。そこで真実を紹介します。

ふんわりと包み込まれているような感覚が、筆者を深い眠りへと誘ってくれます。

テンピュール公式

テンピュールの「コンフォートピロークールタッチ」枕 23,100円

またもやテンピュールかよ!?と思うかもしれませんが、この枕(コンフォートピロークールタッチ)はとんでもないポテンシャルを秘めています。

やはりテンピュールのマットレスにはテンピュールの枕が一番相性がいいです。使用していて本当に実感しています。

この枕はテンピュール素材をチップ状にしており、自由自在に形を調整できるという優れもの。

表面の生地が冷んやりクール素材なので熱がこもったり、暑苦しいということもありませんでした

【体験レビュー】テンピュール | コンフォートピロー スマートクール
ここ最近、朝来ても腰が重く、熟睡したと感じる朝は日に日に少なくなっていきました。そこでメディアに惑わされずに自分自身でしっかり試して気に入った寝具を購入しようと決め、百貨店や専門店に足を運び、ほとんどのブランドの枕を試してみました。そこで出会ったのが「テンピュール」でした。スマートクールシリーズに特化したレビュー記事です。

テンピュール枕に関しても詳しい体験レビューがありますので参考にしてみてください。

 

テンピュール公式

CBDオイル

最後に紹介するのはCBD(カンナビジオール)です。

いまやCBDなくして私の快眠はあり得ないといっても過言ではないです。そもそもCBDとは植物の大麻草に含まれる成分(総称:カンナビノイド)のうちの一つで、CBDはカンナビノイドの三大主成分として知られています。

大麻草という言葉からイメージするのは「危険」「麻薬」「マリファナ」といった、いわゆる「ハイ状態」というイメージがあるかもしれませんが、そのような作用になるのはTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分であり、THCは違法ですし、日本で厳格な法律が定められています。

CBD には抗不安作用や疼痛改善効果などが認められ始めており、もちろん違法ではないですし、副作用や依存性も確認されていない成分です。

アメリカではオピオイド系鎮痛剤や睡眠薬の依存性が社会問題となっており、過剰摂取(オーバードーズ)による死亡事故が後を絶たないため、依存性や乱用性の少ないCBDに自然と目が向けられるようになってきました。

そういったオピオイド系鎮痛剤の乱用(摂取量)を減らしたり、副作用や依存症に苦しむ人を救うという意味でCBDオイルが注目されています。

CBDオイルで有名ブランドといえばPharmaHemp(ファーマヘンプ)HempTouch(ヘンプタッチ )です。

特にHempTouch(ヘンプタッチ )は「初回限定980円」という、とてもお買い得なCBDオイルを販売しています。

ヘンプタッチ公式

高品質なCBDオイルで数々の賞を受賞している優良ブランドPharmaHemp(ファーマヘンプ)CBDトップブランドです。私自身もフライト前にイギリス人の上司からPharmaHempのCBDオイルをすすめられたのがキッカケでした。

米国では非常にスタンダードなCBD。てんかん薬として既に承認されており、不眠で悩んでいる方やイライラや不安対策としても効果が認められ始めています。

【超入門】PharmaHemp(ファーマヘンプ) | 絶対外さないおすすめCBD商品
PharmaHemp (ファーマヘンプ)はスロベニアに本社を置く、1965年創業の老舗CBDブランドです。スロベニアやクロアチアで有機栽培ヘンプを生産しており、その高品質な素材から多くの方に愛用され信頼を得ています。特に高品質のCBDオイルシリーズ「プレミアムブラック」についてまとめています。

オイルタイプの他にもグミや電子タバコといった様々な形で摂取することができます。CBDグミに関してもレビューがありますので参考にしてみてください。

【CBDグミ やばい】摂取方法、メリット、デメリットなど徹底解説
今や世界中の美容・健康業界において大注目されているCBD(カンナビジオール)。大麻草から抽出される天然物質のひとつで、疼痛(とうつう)効果、不眠、うつ防止、ストレス緩和などの効果が注目されています。 今回はお菓子感覚で美味しくCBDを摂取できる「CBDグミ」を特集します。本記事では、そんな大注目のCBD商品を実際に購入し、摂取方法やメリット・デメリットをレビューします。

CBDおすすめブランドをまとめてみました

HempTouch(ヘンプタッチ )
自然豊かなスロバキア産のオーガニックヘンプを使用 初回980円お試しセットが人気 ≫公式サイト
PharmaHemp(ファーマヘンプ)
1965年創業の老舗CBDブランド  コスパもいいのでおすすめ ≫正規代理店サイト
HEMP Baby(ヘンプベビー)
CBDグミといえばココ。高品質・高濃度・コスパ良し。≫ショップへGO

【まとめ】睡眠は財産である

私自身、睡眠は財産だと実感しています。昼間のパフォーマンスを最大限に生かすためには、睡眠が最重要になってきます。

世界のエグゼクティブは「良質な睡眠×朝活」で年収を爆伸ばししています。

今回おすすめした快眠グッズを、全て購入しても10万円程度です。確かに10万円と聞くと高額のような気もしますが、10万円の投資で人生そのものが充実してくと思えば割安なのかと個人的には思います。

年収が爆上がりした快眠グッズ

皆さんの睡眠が改善することを心から願っています。

ファーマヘンプ公式

 

タイトルとURLをコピーしました