最初に読みたい厳選記事

テンピュール枕で腰痛は悪化するのか?【徹底調査】

寝具関連

テンピュール枕で腰痛は悪化するのかな?

詳しく知りたいな

今回はこのような疑問に答えていきます

テンピュール枕で腰痛は悪化するのか?【徹底調査】

肩こり・腰痛対策におすすめなのが

テンピュールの枕。

世界90カ国以上で展開されており

その信頼は世界基準です。

今回は、テンピュール枕を種類別に徹底調査してみました!

まずはどんな種類があるのか説明します

オリジナルネックピロー・ミレニアムネックピロー

主な特徴

テンピュールの名を世界に広めた、スタンダードデザインです。

多くの人に知られている人気のシリーズですね。

 

 

メリット

人の首はS字のため、

ピローの形状が首にフィットし、

隙間なく首を支えてくれます

首に負担をかけにくいの主な特徴です。

テンピュール以外の枕を使っていて「手を首の下に入れてしまう」というような

経験がある方は、頚椎へのサポートがしっかり感じられるネックタイプがおすすめです。

 

デメリット

「頚椎ヘルニア」「むち打ち」「ストレートネック」を現在進行形で患っている方は

このS字が合わないケースが稀にあるようです。

主な理由は首を支えられすぎると「リラックス」ではなく「圧迫」に感じやすい

というケースもあります。

そのような方には下記の

シンフォニーピロー」や「トラディショナルピロー」がおすすめです。

 

シンフォニーピロー・ソナタピロー

 主な特徴

もっちりふわふわな感触が特徴の人気シリーズです。

オリジナルネックピローが「少し硬いな」と感じる方におすすめの枕です。

メリット

沈み込みすぎず、浮きすぎず、絶妙な感触です。

特に若い女性の方に人気です。

非常に動きやすく、裏表で形状が異なるので

その時の気分により寝心地を変えることが可能です。

うつ伏せで寝る場合にも使用できます。

筆者は横向きに寝た時に「これいい!」と感じました。

デメリット

デンマーク製からなのか、

枕の「高さ」があるので

通常Mサイズを使用の方は

Sサイズでいいでしょう。

筆者は身長182cmですが、

Sサイズで問題なく使用できます

さらに

羽毛枕のような、

更にふわふわな感触を求めている方は

下記の「トラディショナルピロー」がおすすめですよ。

トラディショナルピロー

主な特徴

羽根枕のような形をしており、

かため・やわらかめの2種類のかたさを選べるのが特徴ですね。

中身の素材がチップ状なので、自由に形を調節できるのも嬉しいポイント。

メリット

どこに頭をおいても変わらない感触がいいです。

ホテルに置いている羽根枕は寝始めはふわふわでも、

朝起きた時サポート力が落ちている場合が多く

テンピュールの場合は素材が高密度なので、

ソフトでありながらサポート力に優れています

フリーサイズなため、プレゼントにも最適ですね!

デメリット

チップ状がゆえに、低く感じすぎてしまうケースがあるようです。

きちんとお店で試すのがおすすめです。

洗えるテンピュール枕「イージークリーンピロー」

トラディショナルピローを更に進化させたのが

イージークリーンピロー」です。

衛生面が気になる方はイージークリーンピローの一択!

筆者は長年肩こりと腰痛に悩まされており

行き着いた先がテンピュールの「イージークリーンピロー」でした。

控えめに言ってもこの枕、最強です

テンピュールの特徴が最大限に生かされており

さらに「洗える」というのが加齢臭が気になる30−40代の方にも

おすすめポイントです。

 

番外編 うつぶせ専門「オンブラシオピロー」

番外編とも言えるのが、うつ伏せ専門のオンブラシオピローです。

お店で確認してみたのですが横向きでも問題なく使用できました。

この独特の形が面白いですよね。

【結論】テンピュール枕で腰痛は悪化しない むしろ改善します

テンピュール枕で腰痛は悪化することは考えにくいと思います。

むしろ多くの医療機関に採用され、腰痛で悩んでいる方を救っている状況です。

テンピュールの枕は試してみたいけど

種類が多くて何を選んでいいかわからない方や

手早くメリットやデメリットを比較したい方に参考になれば幸いです。

みなさん良い眠りを!

 

参考までに肩こりで悩んでいる人におすすめ枕はこちらです。

 

タイトルとURLをコピーしました