最初に読みたい厳選記事

【朝起きた時】腰痛の原因と対策

寝具関連

・朝目覚めた時に腰が痛い

・平均以上の睡眠時間を取っているはず

・定期的に整体でマッサージを受けているはず

なぜ朝起きた時に腰が痛いのだろう?

ここにたどり着いたあなたもその一人ではないでしょうか。

今回はこのような悩みに答えていきます。

✔︎本記事で確認できること

朝起きたときの腰痛の原因を知ることができます

朝快適に目覚めるための対策を知ることができます

ぜひ、腰痛対策の参考にしてみてください。

【朝起きた時の腰痛】3つの原因と対策

では早速見ていきましょう!

原因① 寝姿勢がよくない

まず考えられるのが姿勢です。

無理な姿勢で寝ることにより、腰に負担がかかってしまい

朝起きた時に腰が痛いと感じることがあります。

枕が合っていないため、寝姿勢が悪くなる場合もあります。



原因② 腰に負担のかかる仕事(運動)をしている

腰に負担のかかる仕事をしていると、疲れが溜まり朝起きた時に腰痛が起こりやすくなります。

長時間のデスクワークや長距離運転も腰に負担がかかりますし、

除雪や庭の草むしりのような長時間同じ姿勢を持続していると翌日の朝に腰痛が起こることがあります。



原因③ 内臓に疾患がある

胃潰瘍や十二指腸潰瘍,細菌感染による炎症を罹患していると,

朝起きたときに腰が痛いという現象が起こりやすいと言われています。

この場合は、専門医療機関を受診すべきでしょう。


【対策】朝快適に目覚める為には?

 

それでは朝快適に目覚める為には、

どのような対策をするといいのでしょうか?

対策は「適度な運動」と「寝具を見直すこと」

適度な運動

まずはこれに勝る対策はありません。

週に1回からでもいいので、ウォーキングをすることにより

交感神経と副交感神経のバランスがよくなり、深い眠りにつけるといいます。


硬すぎるマットレスはおすすめしない

一時期は「硬いマットレスが腰に良い」なんて謂われていた時代もありましたが、

それは過去の話です。

今は身体を点で支えすぎるような、硬いマットレスはあまり好ましくないと謂われています。

理由としては身体を点で支えるためアーチ状に身体が反ってしまい腰に負担がかかるためです。

硬いマットレスを売りにしているメーカーはここのポイントを「寝返りが打ちやすい」と

解釈しており、世の中が硬いマットレスを推奨しすぎているという傾向にあるので注意が必要です。

寝姿勢をよくする為にも身体の凹凸に合わせた、適度にフィットするマットレス選びが重要になってきます。

良い睡眠=マットレス選びが非常に重要

寝起きの腰痛に悩んでいる方が数多くいることがわかりました。

しかしながら、マットレス選びを軽視している人が多いのも事実です。

正しいマットレス選びが重要ですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

なぜ朝起きた時に腰痛になってしまうのかという所を

理解していただけたのではないでしょうか。

根本的な原因は、

・運動不足

・同じ姿勢での仕事

・睡眠時の姿勢が悪い

・質の良い睡眠が取れていない

ということが多いですので

是非とも本記事を参考にしていただき、みなさんの睡眠環境がよくなることを

願っております。

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

みなさん良い眠りを!

テンピュールで腰痛・肩こりが悪化?評判や寝心地で総合比較
テンピュール・腰痛と検索するとまず出てくるのが 他メーカーの否定記事の多さです。 適正な情報を書いているサイトもたまには見かけるのですが ほとんどが自社製品を売り込むサイトばかり。 そりゃそうですよね、自分の商品を売りたいので 他者を蹴落とすという心理は理解できますが、 みなさん定番書式をコピペしている模様で、ほとんど同じ文面です。

 

タイトルとURLをコピーしました