最初に読みたい厳選記事

【腰痛】おすすめマットレス(厳選:トップ4ブランド)

寝具関連

朝起きると腰が痛い

腰が痛くて熟睡できない

そんな辛い症状にお悩みの方におすすめなのが「腰痛を緩和してくれるマットレス」ですよね。ところが高反発や低反発、硬かったり柔らかかったり、スプリングタイプやノンスプリングタイプと様々な種類のマットレスが展示されていて、いったいどのブランドのマットレスが最適なのか、見分けるのは非常に大変ですよね?

そこで今回は、腰痛の緩和に最適なマットレスをご紹介しますので、ぜひ参考にして、あなたの腰痛緩和や睡眠不足に役立てて頂ければ幸いです。

【腰痛】おすすめマットレス(厳選:トップ4ブランド)

マットレスもネットビジネスの波に飲み込まれている

その前に、

本当におすすめのマットレスを探そうと思っても大抵は「広告収入」の為に、本当に優れたマットレスは紹介されていなかったりします。実は筆者もネットで購入して大失敗しました。

ですので

硬いベッド=腰痛改善に最適と一方的に答えを出すのは危険、ということです。

筆者が家具店や百貨店で直接体験した情報を元に主要ブランドを紹介しますので、皆さんの腰痛改善になれば嬉しいです。

世界はトップ4ブランドがマットレス業界を牽引

マットレス業界は

Sealy(シーリー公式サイト)

Simmons(シモンズ公式サイト)

Serta(サーター公式サイト)

と頭文字に「S」の付くトップブランド(3S)と

TEMPUR(テンピュール公式サイト)を含めた

4ブランドが業界を牽引しています。

それではトップ4ブランドをご紹介します。

1.整形外科監修「シーリー」

シーリーは、

「30年連続全米シェアナンバーワン」を記録したベッドブランドです。

人気のクラウンジュエルシリーズを中心に

以前はUSサイズが主流でしたが、近年では日本サイズに統一されています。

シーリーの特徴は、その「まるで雲の上のような柔らかい寝心地

体圧分散を追求しているブランドであり、

雲の上で寝ているようなフワフワ感を実現しています。

その技術のベースとなるのが、

特許を取得した独自の「整形外科医監修:ポスチャーテックコイル」です。

体の荷重に合わせて反発力が変化するため、常に理想の姿勢をキープすることが可能です。

シーリーおすすめ「レスポンスシリーズ エッセンシャルズ™️ PT」

                                                                                      出典:楽天ショッピング

ホテル仕様のピロートップタイプにすることで、しっかりとした硬さを感じながらも身体を包み込むような贅沢な寝心地を実現してくれます!

近年はテンピュールに買収され、親会社テンピュールの元で商品展開をしているようです。

※日本はスリープセレクト社が販売委託営業

シーリーの人気マットレスを確認する

2.ポケットコイルの代名詞「シモンズ」

シモンズは、1870年創業で150年の歴史を誇る老舗ブランドです。

世界で初めてポケットコイルを開発したメーカーでもあります。

シモンズのベッドは、しっかりとした硬めの寝心地が特徴

ひとつひとつのポケットコイルが体にフィットし、凹凸をしっかりと支えます。

しっかりと体を支え、振動に強いということもポイントです。

隣の人が寝返りを打っても振動が伝わりにくい作りとなっています。

近年はサーターに買収され、商品展開している模様です。

※日本はニフコ社の連結子会社が業務展開

シモンズおすすめ「ゴールデンバリューピロートップ」

                                          

辛口コメントですが、ネームバリューがありすぎて「とにかくシモンズ」みたいな来店客が多いそうです。いろいろなブランドを試すことをおすすめします。

シモンズの人気シリーズを確認する

 

 

3.多くのホテルに導入「サーター」

サーターはドリームベッド株式会社 

アメリカのサータ社とライセンス契約を結び、

日本の工場で生産しているメーカーです。

サータはどちらかというと、しっかりとした寝心地が特徴です。

ポケットコイル」を採用しており、体を点で支えることが可能です。

荷重のかかる度合いによって太さの違う2種類のポケットコイルを使い、

腰やお尻部分には太目のしっかりしたコイルを、

頭部や脚部にはやや細いコイルを使用するという構造となっています。

そのため、体全体がバランス良く支えられ、

理想的な姿勢をキープしたまま寝ることができるでしょう。

また、業界初の「ファイヤーブロッカー」を標準装備していることが特徴です。

ファイヤーブロッカーとは、アメリカ全土で規制された、

マットレスの火災に対する安全性基準(防災基準/CFR-1633)です。

難燃性がテストで立証されているも特徴です。

サーターおすすめ「iSeriesファームピローソフト」

出典:楽天市場

iSeries(アイ・シリーズ)最大の特徴は、ジェルメモリーフォームを詰め物に入れていることです。特殊な詰め物とポケットコイルの相乗効果で底つき感がなく、包み込まれるような感触を実現しています。サーター社の最高傑作ともいわれています!

サーターのiSeries(アイ・シリーズ)を確認する

 

 

4.NASA公式認定「テンピュール」

最後におすすめするのが「テンピュール」です。

テンピュールに関しては詳しく調べましたたので、

興味のある方は、以下の記事も参考になれば幸いです。

テンピュールは腰痛を悪化させる?【ネットを取り巻く真実】
・テンピュールは夏は暑い ・テンピュールで腰痛が悪化した ・テンピュールは耐久性が低い といった噂やネットの評判に丁寧に答えていきます

色々調べてみてわかったことは、

テンピュール=低反発」とひとくくりにされておりネガティブなイメージの対象にされている

という点

日本独特の布団文化に参入している為、

腰痛痛い=硬いベッド

という誤った認識が広まってしまった

という業界の背景があるようです。

テンピュール®︎公式サイトを確認する

テンピュールはグローバル企業の日本法人

テンピュールはグローバル法人の日本法人という業務形態なので

非常にシンプルです。要はどこの法人も絡んでいないので、世界同時に同じ商品が

展開されている模様です。

筆者も外資系企業に勤めているので気になった点でした。

テンピュール®︎公式サイトを確認する

NASA公式認定

テンピュール®︎マットレスに使用されている「テンピュール®︎素材」

これはNASAがロケット打ち上げ時の宇宙飛行士にかかる強烈な重

力を緩和するための衝撃吸収材として開発されました。

NASAが承認した唯一のマットレス・ピローブランドって信頼性が高いね!

テンピュール®︎公式サイトを確認する

3種類の寝心地から選べる

好みに応じて「やわらかめ」「ふつう」「かため」の感触を

選ぶことができます。

好みの感触を見つけよう!

テンピュール®︎公式サイトを確認する

 

保証期間が長い(長期保証)

シーリー、シモンズ、サーターは2年保証でした。

テンピュールのマットレスは何と10年保証(ヘタリに対して)

この長い保証期間は非常に安心感がありますね。

 

テンピュールのデメリット:夏は蒸れやすい?

テンピュールに限らず、

大手マットレスブランドの高級ラインは

どれも柔らかくフィット感に富んでおり、

そのようなマットレスは「どれも多少は暑い」ということです。

しかし、アイスブリーズ敷パッドというクール商材も発売されているので

熱帯夜対策はいくらでもあるといった印象です。

テンピュールのデメリット:寝返りがうちにくい?

はたしてそうでしょうか?

不要な寝返りが劇的に減る」という考え方もあると思います。

筆者はテンピュールを購入して不要な寝返りが激減したので、夜中に腰が痛くて目がさめるということも一切なくなりました

テンピュール®︎公式サイトを確認する

テンピュールのデメリット:値段が高い?

確かに安い買い物ではありません。

しかし、皆さんは今の寝具にどのくらい投資をしていますか?

人生3分の1は睡眠といわれています実は車よりも家電よりも洋服よりもこだわるべきはマットレスです。

テンピュール®︎公式サイトを確認する

 

質の良い睡眠で「免疫力UP」

質の良い睡眠は免疫力UPにも繋がりますし、

インフルエンザや季節風邪の対策にもなりますね

テンピュール®︎で免疫力をUPする

結論:テンピュールを購入しました

結論、筆者はテンピュール(クラウド リュクス30)を購入しました。

テンピュール®を体感できる百貨店や家具専門店は

公式ホームページ検索できます。

もちろん上記すべてのマットレスメーカーを試しましたし

じっくり時間をかけて選びました。

当然、

体型や腰痛のレベルによっても

好みは異なると思います。

しかしながら

 

椎間板ヘルニアを患った筆者にとって

救いのマットレスになりました。

 

テンピュール®︎クラウドリュクスを確認する

テンピュールを購入したポイント

テンピュールの商品説明が 唯一「他社を否定しなかった

という点でした。

残りのメーカーは

他社を蹴落とすイメージの説明が多く

正直不快になる家具店もありました。

詳しい体験談はこちらにもアップしています。

テンピュール®︎公式サイトを確認する

【まとめ】ネームバリューだけでなくブランドの「本質」を見抜こう

ネームバリューやメディアを使用した広告展開だけでなく

ブランドの本質を理解して、

これを読んでいただいた皆さんが上質な睡眠を得れますように願っています。

テンピュール®︎公式サイトを確認する

 

タイトルとURLをコピーしました