ずっと眠い?実は体のSOSかも!?

朝起きて、何だか寝足りない。もう朝か…。やる気がでない。
こういう時ありませんか?

もしかしたらそれは体のSOSかもしれません。

今回は「ずっと眠い」状態が続く方に考えられる理由と対策をご紹介していきます。

体のだるさ 3つの考えられる理由

体がだるいと感じる時はどんな理由があるのでしょう?代表的な3つをご紹介します。

1.体に余分な水分が溜まっている

暴飲暴食をしていると体に余分な水分が溜まり、だるくなったり寝不足を感じることがあります。ストレスを感じた時、アルコールや油っぽいもの、お菓子などの甘いものを食べたくなる方もいらっしゃると思います。

そのような暴飲暴食はむくみの元になる余分な水分や老廃物が体に溜まりがちです。それらが抜けきらない為、朝起きた時にだるさを感じることに繋がります。

2.体がのぼせた状態

「のぼせ」とは熱感が頭や顔に怒っている状態をいいます。

実は「のぼせ」は精神的に緊張していたり、ストレスが原因でホルモンバランスが崩れていることが原因で起こる場合があります。日常的にのぼせた状態だと、体がだるく感じることがあります。

3.自律神経の不調

自律神経の不調によりや身体の酸性化によりだるさを感じることがあります。原因としては、交感神経と副交感神経のバランスが悪かったり、働きが悪いといったことが原因にあります。

自律神経は、ストレスなどの精神面や環境などの影響を受けやすく、自律神経の不調で、疲れやすい、だるさを感じる、動悸やイライラなど、体のあちこちに不調が表れます。



だるさを取る解決方法は【シンプルに2種類】

それでは、だるさを取る解決方法を2種類ご紹介します。

1.血流を良くする

交感神経と副交感神経のバランスが悪くなると、血行不良が起きやすくなります。

血流を良くすることで副交感神経の働きが活発になり、自律神経の改善に期待ができます。おすすめの血流改善方法は、体を温めて、適度に体を動かすこと。

例えば、白湯を飲んだり、根菜を食べたり、ピラティスやヨガ、有酸素運動などがおすすめです。



2.睡眠の質を上げる

睡眠とストレスの関係に関しては世界中からさまざまな研究結果がでています。

夜中に腰が痛くて何度も目が覚める場合は、質の良い寝具にこだわる。なかなか寝付けない場合は、睡眠前に心身ともにリラックスした状態にするなどして睡眠の質を上げることが大切です。

最近では、CBD(カンナビジオール)を摂取すると睡眠に効果があると期待されています。

高品質・高濃度CBDオイルを低価格でご提供するNaturecan(ネイチャーカン)

CBDとは?

CBDとは麻=ヘンプから抽出できる天然の成分です。睡眠改善やリラックス効果が期待されており、アメリカでは薬局で購入することも可能です。

依存性や副作用も認められておらず、睡眠薬や鎮痛剤の依存に悩んでいたユーザが一気にCBDを使用するようになりました。



おすすめCBDブランド

それでは大手CBDブランドを3つご紹介します。

1.CBDfx

アメリカを代表するCBDブランド”CBDfx”。2014年米国カルフォルニア州で設立されました。有機栽培、無農薬、非遺伝子組み換えのCBDを原料とし、有害な農薬や化学物質にさらされることないCBD製品を提供しています。

おすすめはテルペン配合のCBDリキッドです。実際に購入したレビューはこちら。

15%OFFクーポンコードACO15

>>CBDfx【公式サイト】をチェックする

2.ネイチャーカン

イギリス発、世界的なCBDブランドです。厳しい7つの試験をクリアしたCBD製品のみを使用しており安心感はトップレベル。

アイテム数が非常に多く、多くの芸能人が使用するなど話題がつきません。

おすすめはCBDオイルです。実際に購入したレビューはこちら。

>>ネイチャーカン【公式サイト】をチェックする

3.ヘンプタッチ

スロベニアのトップブランド”ヘンプタッチ”

高品質な麻=ヘンプを使用し、安心安全なCBDオイルが人気アイテムです。初回980円で購入可能のCBDオイルからスタートしてみましょう。

実際に購入したレビューはこちら。



 【まとめ】CBDで睡眠改善

睡眠の悩みはいつの時代も尽きないものです。睡眠薬に頼るのではなく安全安心な高品質なCBDを使用して上質な睡眠を手に入れましょう。




(注意点)
※今回ご紹介したCBD商品は医薬品ではありません
※CBDの効果効能に関して海外のメディカルレポートを参考にしています。
※本記事はあくまで個人的な体験談です。
※本サイトで紹介しているCBD商品が同様の効果効能を持つわけではありません。

タイトルとURLをコピーしました