CBDの危険性は?【効果や使用方法を徹底まとめ】

アメリカやヨーロッパで話題のCBD(カンナビジオール)ブームが日本にもやってきました!近年では CBD 関連の商品が非常に増えてきており、健康に関心のあるユーザを中心に爆発的ヒットアイテムも生まれています。

アイテム数も増えてきており

  • オイル
  • Vape(電子タバコ)
  • グミ
  • バスボム etc…

といった具合に、様々な商品展開がされています。ところが、いざ購入しようとしてみると「種類が多くてよくわからない」「どのブランドを選んでいいの?」「安全性は?」といった疑問点もあると思います。今回はCBDの危険性や期待されている効果、使用方法を徹底的にまとめました!

 

今回はCBDについて悩んでいる方のサポートになればと思います。



【結論】安全性は高い(WHOも認めている)


世界中でCBDに対する数千もの論文があり安全性や効果について認められ始めてきました。海外でCBDは、すでに定番ウェルネスアイテムになっておりドラッグストアでも気軽に購入できる国もあります。

 

「リラックス効果」「安眠効果」「肌の状態を良くする」などの利点が認められ始めてきており、多くの人にCBDが愛用されています。

 

ヘンプ由来だけど大丈夫?

ヘンプ由来ということで違法性を心配する方の気持ち、よく理解できます。大麻で想像する「ハイになる」成分はTHCによるものであり、その成分は日本で禁止されています。一方で、CBDには依存性や陶酔感は認められてはいません。したがって日本では合法の成分となっており、WHO(世界保健機構)も安全性が高いと認めています。



CBD商品の選び方

今現在、CBDは様々なアイテムに加工され販売されていますが、自分に合ったアイテム選びが難しいのも確かです。アイテムを選ぶ基準としては大きくわけて3つあります。

  1. CBDの摂取方法から選ぶ
  2. CBDの抽出方法から選ぶ
  3. CBDの濃度から選ぶ

この3つです。まずはこの3点を基準にCBDアイテムを選んでいくとよいでしょう。

 

それでは一つづつ詳しく解説していきます!



1.CBDの摂取方法から選ぶ

CBDの摂取方法も大きく分けて3通りです。

  1. 経口摂取
  2. 蒸気摂取
  3. 経皮摂取

皆さんのライフスタイルや目的などでそれぞれ異なると思うので、自分に合った摂取方法を探してみると良いでしょう。

1.経口摂取

経口摂取とは主に、舌下(舌の裏)からオイルを数滴垂らして摂取する方法です。メリットは手軽に摂取できるところ。コーヒーなどの飲み物に数滴垂らすのもいいですし、サラダのドレッシングに混ぜたり、ヨーグルトやスムージーに混ぜてもOKです。

経口摂取タイプとしては他に、グミタイプやカプセルタイプ、キャンディなどもあり、非常に食べやすいのが特徴です。



2.気化摂取

蒸気摂取というのはVape(電子タバコ)タイプです。蒸気摂取は肺へ吸い込むことにより直接毛細血管からCBDを摂取できます。経口摂取に比べて効果的に吸収されるのでコスパに優れています。比較的短時間での効果を得やすいと言われています。フレーバーも多岐に渡るのでいろいろな味を楽しむことができます。



3.経皮摂取

CBDの認められ始めている効果の中に皮膚疾患の改善もあります。直接CBDを塗布することでアトピーに対しての効果も認められ始めています。ニキビへの効果も期待されています。最近ではCBDが配合されたスキンケアアイテムも多く販売されています。

 

 

セレブの間ではCBDバスボムが人気

海外セレブや日本のモデル・芸能人を中心にCBDバスボムが大ヒットしています。特にCBDfxのバスボムが人気なので要チェックです。

>>CBDFX公式

CBDの抽出方法で選ぶ

CBDの抽出方法は3タイプあり、抽出度合いの順番は以下の通りです。

・フルスペクトラム
・ブロードスペクトラム
・アイソレート

それでは詳しく解説していきます。



フルスペクトラム

フルスペクトラムは「生搾り」のような状態であり、CBDだけでなくその他のカンナビノイド成分、テルペン、フラボノイドといった成分がすべて含まれています。

 

日本では違法成分であるTHCも含まれている可能性があるため注意が必要です。

 

ぶっちゃけ言ってしまうとフルスペクトラムCBDをアピールしているCBDブランドをたまに見かけますが「本来のフルスペクトラムの定義」からいくとグレーゾーンですのでご注意ください。

 

 

ブロードスペクトラム

ブロードスペクトラムに関しての補足ですが、こちらはフルスペクトラムからTHCの成分のみを除去したもですので、アントラージュ効果を十分に期待することが出来ます。

 

こちらは最もおすすめする抽出タイプです。

アイソレート

アイソレートは、確かにCBDのみを抽出したものではありますが、製造過程でテルペンなどを追加して、「アントラージュ効果」に近いものを得ることができると言われております。また、ドーピング検査を受けるようなスポーツ選手にはアイソレートのCBD製品が好まれます。

>>CBDFX公式

アントラージュ効果についても知っておこう

アントラージュ効果とは、大麻草に含まれるCBDやTHCといった化学物質とその他有効成分(テルペン、フラボノイド等)が相乗的に作用し、人間が本来持つ機能「エンドカンナビノイドシステム(ECS)」に影響を与え、副作用を抑えたり、それぞれの持つ効果を高め合うといったものです。

アントラージュ 効果に関して詳しく知りたいという方はこちらを確認ください。

 



成分一覧表(スライドして読めます)

タイプフルスペクトラムブロードスペクトラムアイソレート
内容大麻草に含まれる100種類以上のカンナビノイド成分、テルペン、フラボノイド、フェノールなどを含む生搾り状態フルスペクトラムから精神作用のあるTHC成分のみを除去したタイプ大麻草からCBD成分だけを分離させて精製したタイプ(純度95%~99%が多い)
メリット高いアントラージュ効果アントラージュ 効果THCリスクが少ない高純度CBDを体感
デメリットTHCリスク微量のTHCリスクアントラージュ 効果は望めない
成分THC含む多種THCを除いた多種CBDのみ
テルペンなど大麻草に含まれる多種のテルペン・フラボノイド大麻草に含まれる多種のテルペン・フラボノイドなし



CBDの濃度で選ぶ

続いて濃度で選ぶというポイントをご紹介します。

 

結論から言ってしまうと濃度が高ければいい、という訳ではありません。特に初心者の方は低濃度からトライすることをおすすめします。

 

そして徐々に濃度を高めていくと自分のベストな濃度を発見することができます。

 

効果の感じ方は人それぞれですので参考になれば幸いです。

>>CBDFX公式

筆者おすすめのCBDブランド 3選

では実際に私が愛用している高品質なCBDブランドを3つご紹介していきます。

1.ヘンプタッチ


hemptouch(ヘンプタッチ)は、大自然豊かなヨーロッパのスロベニアから生まれたCBDブランド。ヨーロッパでは植物療法としてかなり昔からCBDが用いられてきました。
hemptouchのCBDは、オーガニック栽培されたスロベニア産ヘンプの茎からCO2(二酸化炭素)抽出された高品質なCBDを原料としており、ココナッツ由来のMCTオイルで希釈してるので体内への吸収が良いのも特徴です。
初回購入者に限り通常2,480円のCBDオイル(濃度3%)が980円で購入可能です。初めてCBDオイルをトライするには嬉しい価格帯と丁度良い濃度です。ご自身でCBDの適量を確認したら、徐々に濃度や摂取量を調整していきましょう。

>>ヘンプタッチ公式

2.ネイチャーカン


ネイチャーカン(Naturecan)はイギリスのマンチェスターに本社を構えるグローバル企業。
ネイチャーカンはCBDを多くの人に安心して使用してもらえるよう、7つの厳しい規制を設けました。その基準をクリアした米国オレゴン州で栽培された高品質のヘンプを使用しています。

定期的にセールを行なっておりインフルエンサーコード【ACO15】 の使用で、セール価格から更に15%オフで購入可能なのがポイント!

>>ネイチャーカン公式



3.CBDFX

CBDfxは2014年にアメリカのカリフォルニア州で設立されました。現在は世界20か国以上で親しまれている米国最大手のCBDブランドです。CBDオイルはもちろんのこと、カプセルやスキンケア製品など様々な製品を販売しています。特に人気のアイテムは使い捨てのCBDベイプです。フレーバーが多く濃度が20%で吸いごたえがあります。人気のフレーバーはすぐに品切れになるので気になるフレーバーがあれば即購入をおすすめします。

 

CBDべイプペンは特に人気アイテムです! 使い捨てでお手入れ不要、充電不要、携帯性抜群のべイプペンでポケットに最高のリラックスを持ち運びましょう。

>>CBDFX公式

まとめ

女性誌などでも健康的な生活を送るためにCBDが取り上げられる機会が増えてきました。

CBDの安全性を正しく理解して、少しでもリラックスした人生を送っていきましょう!

初めての方は

初回購入者に限り通常2,480円のヘンプタッチCBDオイル(濃度3%)が980円で購入可能です。初めてCBDオイルをトライするには嬉しい価格帯ですね。ご自身でCBDの適量を確認したら、徐々に濃度や摂取量を調整していきましょう。

>>ヘンプタッチ公式




※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。

タイトルとURLをコピーしました