最初に読みたい厳選記事

個人で稼ぐ力をつけるためのスキル5選【在宅副業】

スキルアップ

・残業しても給料が上がらない
自分のペースで仕事がしたい
・体調が悪いので外で働けない
子どもとの時間を大切にしたい
企業に属して働くことが辛い

今回はこのような悩みに答えます

✔︎本記事の内容

個人で稼ぐ為の以下のスキルを知ることができます

  1. プログラミング スキル
  2. ブログアフィリエイト スキル
  3. WEBライティング スキル
  4. 動画編集 スキル
  5. せどり スキル

さっそく見ていきましょう!

個人で稼ぐ力 その1:プログラミングで稼ぐ

「伸びる業界」なのでぶっちゃけ稼げます。
IT業界は、需要と供給が合っていないので慢性的な人材不足状態です。
「会社で働くの嫌だなぁ…」と感じている方はプログラミングをおすすめします。

【断言します】月5万円程度であれば「簡単」です

こちらはランサーズというクラウドソーシングの仕事依頼サイトなのですが、
Webプログラマーの仕事は非常に受注しやすい状況です。
たとえばホームページ作成案件だと5万円からとなっており、
自分の周りでも月収50-80万のエンジニアはざらにいますので、
プログラミング業界はおすすめします。

おすすめの言語

Web系の言語がおすすめです。

Web系の言語とは?

「HTML/CSS/PHP/JavaScript/Ruby/SQL」あたりを意味します
このあたりの言語は、仕事が多く稼ぎやすいのが特徴です。

「HTML?CSS?PHP?絶対無理だー!」

と思ったあなた。

全然問題ありません。

なぜならWeb言語は「HTML→CSS→PHP→JavaScript→Ruby」と段階的に学習して行くのでHTMLが理解できればCSSが理解できるようになり、CSSが理解できればPHPも理解できるようになっていくからです。

学習手順

学習手順は以下の通りです

基礎を学ぶ→サンプルサイトを作る

これだけなんです。

・参考書を買って→自宅学習

・プログラミングスクールに通って→オンライン学習

実は流れは全く同じなんです。

「参考書」を使ってプログラミング学習する方法

基本的には次の手順かなと思います。

①まずは読む→②再度読みながらサンプルコードを書く→③参考書の課題をやる

ある程度理解したなと感じたら、自分なりに簡単なサイトを作ってみるのをおすすめします。

「動画」を使ってプログラミング学習する方法

動画での基礎学習ならドットインストールがおすすめです。

学習方法は次の手順かなと思います。

動画を見ながらコードを書く→確認→間違えていた場合、巻き戻して間違いを探す

こんな感じです。

「プログラミングスクール」で学習する

ぶっちゃけ「必ず通わなければいけない」ということはありません。

事実、プログラミングスクールに行かなくても私の兄は某外資系エンジニアになれました。むしろ「プログラミング能力×語学力」の相乗効果で年収をブチ上げました。

プログラミングスクールに通うメリットは「業界の情報をリアルタイムで確認できて、モチベーションを維持できる」ところかなと思っています。

結局勉強するのは学習する本人なので、「スキルを身につける」「副業で年収をあげる!」「転職する!」という気持ちが一番大切なのかなと思います。

なお、プログラミングスクールは過去記事でも詳しく調べました。初心者の方にむけた無料体験や無料カウンセリング等も行なっているので、ぜひ参考にして見てください。

【最新版】プログラミングスクール比較【現役SE解説】
プログラミングスキルを学びたい プログラミングスキルを取得して副業で稼ぎたい プログラミングスキルを取得して転職or独立したい 本記事はこのような悩みを持つ人に向けた記事です。 現役プログラマー(某外資系企業 ※社内での呼び名はSoftwareEngineer)BuildEngineerと呼ばれたりもします。SE経験者の率直な意見を書いていくので参考にな続く

個人で稼ぐ力その2 : ブログ(アフィリエイト)で稼ぐ

オワコン」なんて言われている業界ですが、実際はどうなんでしょう?

 

みんなどれくらい稼いでいるの?

〜約50%は収入ほぼゼロ〜 現実は厳しい「ブログ アフィリエイト」業界

                              引用:特定非営利活動法人 アフィリエイトマーケティング協会

残念ながら「ブログ運営者の約50%の方が収益ほぼゼロ」ということになります。このグラフを見ると挫折する人が多いのも納得がいきます。ただ、月収100万以上のトップブロガーも多数いるので稼いでいる人も確実にいます。

継続すること自体が難しい「ブログ アフィリエイト」業界

3ヶ月続くブログは70%

1年間続くブログは30%

2年間続くブログは10%

引用:ブログは一年続くの?読者数は?2万件のはてなブログで分析する

このように継続すること自体、非常に難しい業界です。SEO(サイトが検索されること)が育つのに3ヶ月かかると言われており、それまで耐えられずに挫折するという感じです。

根気強く続けた場合、稼ぐことができる場合が多い

ライバルが多い業界のように感じますが、挫折する人も多い業界なので継続することで着実に収益が伸びて行く傾向にあります。

ブログの始め方

5つの手順でブログの始め方をまとめました

おそらく1時間もあればスタートできますよ

手順①:ドメインを取得する

ドメイン販売サイトは数多く存在しておりますが正直どこも大差はありません。
無難な「お名前ドットコム」がおすすめです。
お名前ドットコム

手順②:サーバーをレンタルする


「エックスサーバー」がおすすめです。ぶっちゃけ月1,000円のプランで十分ですし、何かトラブルがあったときにもググれば解決方法が出てきます。たまにドメイン料金無料プラン等のサービスもあるので公式サイトを確認して見てください。
≫月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

手順③:WordPressのインストール

エックスサーバーの管理画面ワンクリックでWordPressのインストールができます

手順④:WordPressデザイン(テーマ)の設定

こだわればこだわるほど時間がかかってしまいます。まずは記事を投稿することに集中したほうが収益UPの近道が見えてくるはずです。テーマは無料と有料がありますが、有料のほうが機能が充実しています。無料テーマですとCOCOON、有料テーマだとAFFINGERが使い勝手やデザイン面で優れているのでおすすめです。トップブロガーの方も多く使用しています。

手順⑤ : アフィリエイトASPと契約する

ブログアフィリエイトで広告収入を得るには必ずASPに登録する必要があります。ASPというのは仲介業者のことで、こちらに登録をしない限り永遠に広告収入を得ることはできません

大手アフィリエイトASPを3分で解説していますので

こちらの記事も参考にしてください

404 NOT FOUND | Focus Talks
忙しい30-40代に向けたライフスタイルブログ

個人で稼ぐ力その3 : WEBライティングで稼ぐ

続いてWEBライティングで副収入を得る方法です。

WEBライティングの特徴

WEBライティングとは、クラウドソーシング等を介して文章を書くことで収入を得る仕事のことです。プログラミングやブログに比べると気軽に始めやすいのが特徴です。

スキルは「文章力」のみ

時間・場所に縛られないで働ける

事前投資が少ない

スキルは「文章力」のみ

文書を書くことが好きな方には天職かもしれません。逆にライティングスキルがない方でも、文書には「決まった型」があるので、それを理解してしまえばサクサク書けるようになりますよ。

時間・場所に縛られない働き方ができる

自己管理さえキチンとできていれば、田舎で仕事も可能です。都会に住む必要はありません。むしろコロナショックで働き方そのものが変わりつつあるので、PCさえあれば好きな時間に好きな場所で働くことができます

事前投資が少ない

PCさえあればその日から仕事を受注できます。スクールに通う必要もないです。

webライティングの始め方

 

3つの手順でWEBライティングの始め方をまとめました

 

手順①:クラウドソーシングに登録する

クラウドソーシングとはインターネットを活用してそれぞれの得意分野で業務を受注することです。とりあえず大手4社を無料登録しておけば問題ないです。

クラウドワークス 日本最大級のクラウドソーシングサービス。

ランサーズ:クラウドワークス同様、最大手クラウドソーシングサービス。

サグーワークス ライティング案件に特化したクラウドソーシングサービス。

アナザーワークス:副業を探している人と企業を直接結ぶプラットフォーム。

手順②:仕事を受注する(例:ランサーズ)

ランサーズを例にして説明します。

≫トップページを開いたら仕事を探すをクリック。

≫次にカテゴリーの中からライティング・ネーミンングをクリック。

≫すると案件文字単価も出てきますので自分に合った仕事を探しましょう

※文字単価の相場
文字単価月収(10万文字執筆)
初心者0.5〜0.9円約5万
中級者1〜1.5円約10万
ベテラン2円以上(交渉あり)約20万

こちらが目安となる文字単価です。ある程度経験を積んだら文字単価交渉するのもありです。

手順③ : ひたすらライティング

初めはひたすら受注して書き続けることが大切です。そうすることでライティングスキルが身につきます。

ポイント①:目安は1時間1500文字

まずは1時間1500文字を目安に書くようにしましよう。つまり時給1500円換算です。

リミット(時間制限)を設ける

「この記事は3000文字案件なので2時間で書き終えよう」といった自分の中で期限を設けることによりスキルアップします。

無駄な作業を省く(誤字脱字チェック・文章表現力UP)

文賢(ブンケン)というツールです。誤字脱字チェックだけでなく、情報や感情を具体的に表現するための「文章表現」や「言い回し」が多数用意されています。 それらの表現を用いることで、文章の魅力が増し、より多くの人に読んでもらえるようになります


個人で稼ぐ力その4 : 動画編集で稼ぐ

動画編集スキルは現在最も注目のスキルです。YouTuberの増加に伴い、動画編集を外注するケースも増えてきたので今後間違いなく需要が増えるジャンルです。

 

プログラミングスクール等に比べて、動画編集を学べるサイトはまだまだ少ないですが、以下のオンラインスクールがおすすめです。 

Udemy(ユーデミー)

Udemyは米国シリコンバレー発祥、世界最大級オンライン学習サイトです。

<利用者実績>
受講者数:約3000万人
講師数:約42000人
講座数:約10万
※2019年5月現在 すべて世界全体での数

Udemyの主な特徴は以下の3点です

リーズナブルな価格設定

Udemyの魅力といえば何と言っても価格設定。月額形式ではなく1講座買取形式を採用しています。なので一度購入してしまえば、いつでもその講座を復習することができます

毎月のように割引セールを行うので、「10,000円の動画教材が1,500円で購入できる」なんてこともあります。最大95% OFFという教材を発見したこともあります。

スマホアプリで学べる

スマホアプリでいつでもどこでもスキルアップできます。

返金保証制度

Udemy返金保証があります。1,000円程度の教材であれば「失敗したなー」という程度ですが、中には数万円の教材もあります。買ってから後悔した!となった場合、返金保証があるのはこころ強いですね。※もちろんコースや購入条件によって異なりますので、ご注意ください。

もちろんクラウドソーシングに仕事がたくさんあります

ランサーズ管理画面です。このように動画編集関連の仕事がたくさん発見できます

個人で稼ぐ力その5 : せどりで稼ぐ

引用:メルカリプレスリリース

最後はせどりです。手短に説明すると「安く仕入れて高く売る」というのが定義です。
メルカリの出現によってせどり業界は大きく変わりました。

✔︎せどりのメリット

利益がすぐに発生する
初期費用が少なく、初心者でも始めやすい(資格はいらない)
リスクが少ない(リサーチが必要)

利益がすぐに発生する

せどりは取引完了後すぐに利益が発生します。特に人気商品などを出品するとあっという間に完売なんてこともあります。

初期費用が少なく、初心者でも始めやすい(資格はいらない)

せどりに関する資格は特に必要ありません。初心者でも空き時間を見つけて気軽に販売できるというのが主婦や学生にヒットした理由です。

リスクが低い(リサーチが必要)

予め売れるモノをリサーチしてから仕入れましょう。不良在庫になるリスクが低いです。3ヶ月で黒字化が目安です。

 

✔︎せどりのデメリット

梱包&発送に手間がかかる
在庫スペースが必要

梱包&発送に手間がかかる

物を仕入れて梱包をして発送するという労働収入になります。常に商品を仕入れる必要がありますし、売れる商品をリサーチして販売する。この繰り返しがせどりでは必須となります。

在庫スペースが必要

せどりする商品にもよりますが、ある程度の在庫スペースが必要となります。

せどりは「メルカリ」一択

とりあえずメルカリに登録しておけば間違い無いです。

紹介コード ≫ GZETWT 貼っておきます(お互い500円GETできます)

まとめ

以上が個人で稼ぐ為のスキルでした

もう一度まとめます

※クリックするとそれぞれのスキルの説明に戻ることができます※

コロナウイルスの影響により働き方そのものが変わりつつあります。
しかしながら、こんな時代でも稼いでいる人は必ずいます。
1分1秒も無駄にすることなく共にスキルアップして人生を楽しんでいきましょう!

ではまた!

タイトルとURLをコピーしました