PMS(月経前症候群)に悩む女性必見!CBDの有効性を解説

近年、CBD(カンナビジオール)が様々な疾患に効果が見られるとして注目を集めています。CBDがPMS(月経前症候群)の症状軽減にも期待できるといった記事も目にします。

今回の本記事ではCBDがPMS(月経前症候群)にどのような効果が期待できるのかを一つ一つ丁寧にまとめました。

PMS(月経前症候群)に悩んでいる方の参考になれば幸いです。それでは行きましょう!

日本産科婦人科学会によると、月経のある女性の約70-80%が何らかの症状で悩んでいると言われており、少しでもPMSの症状の緩和の手助けになれば幸いです。

この記事でわかること
  • PMSの基礎知識
  • CBDがPMSの症状を緩和させる可能性あり
  • CBDオイルやCBDグミについて


>>初回お試し980円CBDオイル

CBDはPMS(月経前症候群)に効果ある?

PMSとは?

PMS(月経前症候群)とは月経前、約1週間前後ほど続く精神的もしくは身体的症状で、月経開始とともに症状が軽減・消失するものをいいます。
症状は非常に個人差があり「少し気になる」という方や「日常生活に支障をきたす」という方まで症状は様々です。

PMSの原因は?

原因は明確にされてはいませんが、月経前に女性ホルモンのバランスが変化することだと考えられています。

月経のある女性の場合、排卵から月経までの期間に「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンが増加します。その後その女性ホルモンが急激に低下し、神経伝達物質の異常を引き起こすことなどが、PMSの原因と考えられています。

もちろん脳内ホルモンや神経伝達物質はストレスなどの外的要因の影響も受けるため、女性ホルモンの低下だけがPMSの原因ではなく、多くの要因から起こるといわれています。

PMSの主な症状

PMの主な症状は以下の通りです。

身体的症状
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 腹痛
  • 下腹部のハリ
  • 肌荒れニキビ
  • 疲労感、怠さ

これだけでなく、上記の症状から「寝不足」になったり、食欲が増して「体重が増えたり」といった症状が挙げられます。

続いて、精神的症状をまとめてみました。

精神的症状
  • 集中力の低下
  • 落ち着かない
  • 情緒不安定になる
  • イライラ
  • 怒りっぽくなる

このような症状から「仕事に支障をきたす」ことや「家族や大切な人に八つ当たりをしてしまった」ということもあるようです。

そこでCBDがもたらす効能を活用してPMSの症状を改善できるのではないかと注目が集まっているんです。

CBD に認められ始めている効果/効能

それではPMSでお悩みの方にCBDがどのように症状改善のアプローチができるのか説明したいと思います。

CBD に期待されている効果
  • 鎮静効果(イライラ・鬱症状を改善)
  • 鎮痛効果(頭痛・腹痛を改善)
  • 抗炎症作用(ニキビ・肌荒れの改善)
  • 不眠改善

鎮静効果(イライラ・鬱症状を改善)

CBDに認められ始めている効果のひとつに「鎮静効果」があります。これはPMSの精神的症の中でもイライラや憂鬱な症状に悩んでいる方に効果が期待できます

心がスーっと落ち着いていくので気持ちが落ち着き、心の混乱・苛立ちを静めてくれます。


>>初回お試し980円CBDオイル

鎮痛効果(頭痛・腹痛を改善)

CBDには「鎮痛効果」も認められ始めています。PMSの主な悩みである頭痛や下腹部痛・腰痛をCBDによって抑えることが期待できます

 

依存性の強い鎮痛剤を飲むことに抵抗がある方も少なくありません。そんな方にはCBDをおすすめします。

 

抗炎症作用(ニキビ・肌荒れの改善)

PMSで悩む多くの方に「肌荒れ」や「ニキビ」があります。そのような方にCBDの「抗炎症作用」が効果を発揮します。

CBDを摂取することで皮脂の過剰な分泌を抑えたり、皮膚の炎症を抑えることでニキビの悪化を阻止することが期待できます。


>>初回お試し980円CBDオイル

睡眠改善(不眠・中途覚醒防止)

CBDに期待されている効果のひとつに「睡眠改善」があります。CBDには依存性の強い睡眠薬に頼ることなく、不安定な睡眠を改善する効果が期待されています。

PMSの症状で不眠症気味になったり、夜の寝つきが悪いために日中眠くなってしまうことに悩まされている女性が少なくありません。


>>初回お試し980円CBDオイル

薬品よりもCBDをすすめる理由

PMSの代表的な対策として医薬品(鎮痛剤など)を使用することで、症状を緩和できますが医薬品には「副作用」があることに注意をしましょう。

CBDには「副作用は認められない」という研究結果もありますので、副作用のある医薬品よりもCBDがおすすめと言えます。

以下の記事で詳しく書いています。

【徹底調査】CBDによる副作用について
CBD(カンナビジオール)が痛みの緩和に選ばれる多くの理由が、オピオイド系鎮痛剤にみられるような副作用のリスクも少なく、安全に使用できるのが大きな理由です。ただ、リスクは少ないとはいえ、CBD(カンナビジオール)にはどのような副作用があるのでしょうか?

 


>>初回お試し980円CBDオイル

PMSに悩む妻がCBDオイルを購入

ここまではPMS対策としてCBDをすすめてきました。

続いて、長年PMSに悩まされてきた妻が初めて実際にCBDオイルを購入しました。ぜひ参考にしてみて下さい。

回、Naturecan(ネイチャーカン)をチョイス

ネイチャーカン CBDオイル

ネイチャーカン(Naturecan)はイギリス/マンチェスターに本社を構えるグローバル企業です。プロテインで世界的に有名なMyproteinにて6年間CEOを勤めたAndy Duckworth氏が創業者。厳しい規制をクリアした、アメリカ オレゴン州で栽培された高品質のヘンプを使用しています。


>>ネイチャーカン公式(割引コードACO15)

イチャーカン(Naturecan)をお買い得に購入するには?

ここではお得な購入方法について解説します。

ネイチャーカンをお買い得に手に入れる方法として手っ取り早いのはインフルエンサーコードを使用することです。

今回はCBDインスタグラマー あこさんのインフルエンサーコードを実例にあげてみます。

参照:インスタグラム aco.blog

お好みのCBDオイルが決まったら、カートに追加するボタンを押します。

 

規約にチェックし、チェックアウトをクリック

>>ネイチャーカン公式(割引コードACO15)

 

次に配送先情報とや支払い方法を入力します。

クーポンコードを入力する箇所がありますので、そこに「ACO15」と入力し、「適用する」ボタンを押してください。

>>ネイチャーカン公式(クーポンコードACO15)

すると、合計金額から更に15%値引きされますね。例えばネイチャーカンがキャンペーンをしていて30%OFF商品を見つけたら、30%OFFから「更に」15%OFFしてくれるのでかなりありがたいコードです。


>>ネイチャーカン公式(クーポンコードACO15)

果はあったのか

ネイチャーカン CBDオイル

すぐに寝付けなかった妻がCBDオイルを摂取してすぐに安眠できるようになりました。

これには本当に驚きました。

PMSが改善したのかは、あと少し試してからレビューを書きたいと思います。リラックス効果は間違いなくあるので就寝前に2-3滴ほど摂取するのがおすすめです。


>>ネイチャーカン公式(クーポンコードACO15)

とめ CBDで人生が変わる

PMSで悩んでいる女性の多くが鎮静剤を利用しています。依存性や副作用の少ないCBD が日本にも広まっていけば医薬品に頼らないで生活をすることが可能です。

まずはCBDオイルを試してみて自分に合うかどうかを確認してみましょう。

>>ネイチャーカン公式(クーポンコードACO15)



(注意点)
※今回ご紹介したCBD商品は医薬品ではありません
※CBDの効果効能に関して海外のメディカルレポートを参考にしています。
※本記事はあくまで個人的な体験談です。
※本サイトで紹介しているCBD商品が同様の効果効能を持つわけではありません。

タイトルとURLをコピーしました