最初に読みたい厳選記事

【CBDは効かない?】CBDオイルを実体験して検証

CBD

近年アメリカ・ヨーロッパを中心に注目を浴びているCBD(カンナビジオール)。その優れた効果は美容・健康業界において自然療法として大変注目されているのも事実です。

CBD(カンナビジオール)とは大麻草から抽出される天然物質のひとつで、疼痛効果、不眠、鬱(うつ)防止、ストレス緩和などの効果が注目されています。

本記事では「CBDを試したけど効かなかった」と言っている方の、考えられる原因をまとめています。

(注)もちろん全ての人にCBDの効果を体感できるとは思いません。ただ、摂取方法を勘違いしているだけかもしれませんので、本記事が参考になれば幸いです。

そもそもCBDに期待されている効果

「CBD(カンナビジオール)」に期待されている効果というものが

・痛みを緩和
・不安、鬱などの症状を軽減
・不眠症軽減
癌の症状における鎮痛緩和
・てんかん、皮膚病への効果
・糖尿病の予防
・痴呆症の予防
・薬物乱用抑制効果
・ペットへの使用も可能
特にてんかんに関しては、CBDを治療薬として使用している国もありますので一定の効果は期待できると思います。
では、なぜ「効果を実感できなかった人」がいたのでしょうか?考えられる理由は以下の6つかなと思います。
  • 適量ではなかった
  • 空腹状態でなかった
  • 摂取方法が間違っていた
  • そもそもCBDの質が低かった
  • 自分の身体に合っていなかった
  • 効果を実感するまで、ある程度時間を要する

それではひとつずつ説明していきます。

効果を実感できなかった理由1: 適量ではなかった

自分に合った適量を見つけることが重要です。初めは少量から徐々に増やしていくことをおすすめします。

筆者も初日に1-2滴で試してみたところ、実は全く効果がなく半信半疑になりました。ところが2日目に3-4滴を試してみましたら無事、効果を実感することができました。

効果を実感できなかった理由2 : 空腹ではなかった

これは個人差があると思います。就寝時間の30分ほど前に摂取すると効果を実感できました。

朝、起床直後に摂取した場合も効果を実感したので筆者の場合は空腹時に効果を実感することができました。

効果を実感できなかった理由3 : 摂取方法が間違っていた

そもそもCBDオイルの摂取方法は正しいでしょうか?

料理に混ぜたり、コーヒーに垂らしている方を見かけますが、その場合は濃度が濃いCBDオイルを使用しているのかもしれません。

初心者用におすすめのCBDオイル濃度は3-5%程度ですので効率の良い摂取の仕方は舌下摂取と呼ばれ、舌下(裏)にCBDオイルを垂らす方法です。この方法は効率よくCBDを吸収できるのでおすすめです。

効果を実感できなかった理由4 : CBDオイルの質が低かった

これは、アメリカ食品医薬品局(FDA)による最新の報告書なのですが、CBDを取り扱う15社に対して「違法に販売していることを警告」しています。

このように完全に名指しで企業を公表しています。

The companies receiving warning letters are:

引用:https://www.fda.gov/

急成長している分野ですので生産方法・精製方法に明確な基準も少なく、安全が認められていない成分や違法成分まで入っていたという内容です。

CBD使用のガイドラインとして強調しているのは

・自然療法だから「100%安全」「リスクフリー」とは限らないことを理解しましょう
・使用する際は主治医など、医療提供者に相談しましょう
一気に多量摂取せず心身の変化に注視しましょう

というものです。今まで未開拓の分野というのは必ず「推進派」と「慎重派」がいます。そのことが浮き彫りになっているという状況ですね。

効果を実感できなかった理由5 : 身体に合っていなかった

残念ながら全ての人に合うという確証はありません。健康状態によっても使用を控える場合もあります。

特にアメリカ食品医薬品局(米FDA)は妊娠中・授乳中のCBDオイルの摂取は控えるように呼び掛けています。これはCBDオイルに重大な副作用が認められたわけではなく、

妊娠中・授乳中のCBDオイル摂取が赤ちゃんに対してどのような影響を及ぼすのか十分な試験結果を得られていないというのが理由です。

効果を実感できなかった理由6 : 効果を実感するまで時間がかかる

舌下投与でも30分くらいかかるのかなと思います。空腹時ですと効果が実感しやすいのですが、食事直後に摂取した時は効果を感じにくいようです。個人的に3-4滴投与で効果時間は4時間くらいかなと思います。

CBDオイルは独特な味がするため、苦手な方がいると思います。そんな時はハチミツと一緒に摂取したりして味にひと工夫を加えるといいのかなと思います。

対策として

CBDオイルが効かない場合の対策を簡単にまとめます。

  1. 適量を知る
  2. 空腹状態で試す
  3. 舌下投与がおすすめ
  4. 良質なCBDオイルを購入する
  5. 効果を実感するまで待ってみる

CBDオイルが効かないと思う方は上記を試して見ることをおすすめします。

まとめ

本記事ではCBDオイルが効きにくい方のための内容でした。

これを読んでいただいた皆さんがCBDオイルと上手に付き合って、ストレスや不眠から少しでも開放されることを心から願っています。

【CBDオイル レビュー】2週間使用して感じた驚くべき効果
近年アメリカ・ヨーロッパの美容・健康業界において自然療法として注目されているCBD(カンナビジオール)。大麻草から抽出される天然物質のひとつで、疼痛効果、不眠、鬱(うつ)防止、ストレス緩和などの効果が注目されています。本記事では、そんなCBD成分をオイル状にした「CBDオイル」を実際に購入し、2週間使用してみて、率直な感想をレビューしてみたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました