最初に読みたい厳選記事

【徹底調査】CBDによる副作用について

CBD

近年、痛み止めで有名なオピオイド系鎮痛剤の副作用や依存性がアメリカでは大きな社会問題となっており、過剰摂取による死亡事故が後を絶たないため、依存性や乱用性の少ないCBD(カンナビジオール)が注目され始めています。

CBD(カンナビジオール)が痛みの緩和に選ばれる多くの理由が、オピオイド系鎮痛剤にみられるような副作用のリスクも少なく、安全に使用できるのが大きな理由です。

ただ、リスクは少ないとはいえ、CBD(カンナビジオール)にはどのような副作用があるのでしょうか?

そこで様々な文献を参考に掘り下げてみることにしました。CBD(カンナビジオール)の使用を検討している方に、CBD(カンナビジオール)の副作用について参考になれば幸いです。

そもそもCBD(カンナビジオール)とは?

その前にCBD(カンナビジオール)について少しだけ説明します。

植物の大麻草には特有の化学物質が100種類以上含まれており、それを「カンナビノイド」と総称します。その中でもTHC・CBN・CBDはカンナビノイドの三大主成分として知られています。

THCには陶酔作用があり、日本では違法の成分です。一方、CBDは大麻草で連想するような「陶酔」や「ハイになる」といた症状を引き起こさない成分なのです。

現在CBDに認められている効果というものが

・抗不安効果
・不眠症軽減
鎮痛緩和
・てんかんへの効果
・皮膚疾患への効果
・痴呆症の予防

と幅広い効果が認められており、依存性もなく、リーガル(合法)なものです。

ただし、その多くが初期段階での研究結果であり、あくまでもCBDの効能に対する可能性を期待されている段階のものです。

近年、大麻そのものが合法化された国が増えてきたこともあり、これから研究結果が増えていくことでしょう。

初回980円CBDオイルを試してみる

CBDに副作用はあるのか?

結論から言ってしまうとCBDの副作用は下記になります。

  • 眠気
  • 倦怠感
  • 疲労感
  • 血圧が下がる
  • 口が乾く

ただし、WHO(世界保健機構)の見解によると「CBDの依存性や乱用性に関して症例は見られなかった」とされており、依存性に関しては心配は非常に少ないです。

CBDの依存性について詳しく知りたい方はこちらの記事も併せてお読みください

【CBD説明書】CBD(カンナビジオール)に依存性はあるのか?WHO(世界保健機関)の見解
近年、日本でも注目されているCBD(カンナビジオール)。 不眠で悩んでいる方やイライラを沈めてくれる成分としておすすめされています。 ところが大麻草から摂取する成分ということもあり「依存性・乱用性」に不安を持っている人も少なくありません。 本記事ではWHO(世界保健機構)の現段階での正式文書を元に、CBD(カンナビジオール)に依存性があるのかが理解できます。 では、早速スタ続く

確かに、CBDの副作用として報告されている症状は上記のようにいくつかあります。ただし、CBDで感じる効果が個人差があるように副作用に関してもかなりの個人差があるとされています。

中でも副作用が出やすいのは、臨床試験等の際に使用される高濃度のCBDを多量に摂取したときに多いともいわれています。また、CBDの効能が場合によっては副作用と感じることもあるようです。

わかりやすい例で言うとCBDの効果の一つに「不眠対策」や「抗ストレス」があります。

このCBDの認められた効果が人によっては「眠気」や「疲労感」として感じられる場合があるという事です。

  • 不眠で悩む人→不眠で悩んでいない人は眠気に感じる
  • ストレスで悩む人→ストレスで悩んでいない人は倦怠感・疲労感を感じる

という訳です。

CBDオイルでストレスを軽減する

薬と併用は危険

CBDはまだまだ研究段階の成分です。現在何らかの治療をしているために薬を服用している場合、CBDと併用することによりひょっとすると危険な副作用が出る可能性があるため注意が必要です。使用前にはかかりつけの主治医に相談するようにしましょう。

初回980円CBDオイルを試してみる

エピディオレックス(Epidiolex®)での副作用

エピディオレックス(Epidiolex®)とはてんかん治療薬として、アメリカで唯一認可されているCBDを利用した医薬品です。臨床試験において、肝臓機能への副作用によって試験から離脱した被験者がいるという事も報告されています。

ただし、どんな医薬品にも多少なりとも副作用が存在するわけで、臨床試験の段階でかなりの高濃度のCBDを摂取していたことが肝臓への影響の原因とも考えられます。

初回980円CBDオイルを試してみる

眠気による自動車運転に注意しましょう

CBDにはリラックス効果が期待されており、中にはリラックス効果が「倦怠感」や「眠気」を副作用して感じてしまうかもしれません。

ですので、CBDを摂取後の車の運転はしない方がいいでしょう。

初回980円CBDオイルを試してみる

筆者の場合

筆者自身、CBDオイルで心と体を整えています。副作用を感じたことはまったくありません。むしろ睡眠前にCBDオイルを摂取したことにより、リラックス効果が生まれ朝まで熟睡できるようになりました。最近では自分の適量も理解しており、寝る1時間くらい前に3−4滴を摂取しています。

そして、以前より瞼(まぶた)の痙攣に悩まされていたのですが、CBDオイルを摂取して2−3日目でしょうか、ピタっと治ったのには驚きました。更に、半月板を損傷し古傷で痛んでいた膝の裏も今は全く痛くありません。プラシーボ効果かもしれませんが、数十年悩んでいたのでCBDの効果かな、と個人的には思います。

初回980円CBDオイルを試してみる

【まとめ】

今回はCBDの副作用についてピックアップしてみました。CBDの安全性はWHOでも報告されています。ところが、様々なCBDの効能が人によっては副作用と感じるケースがあるのも事実です。

今後みなさんがCBDを摂取する場合、効果だけでなくリスクも理解した上で購入を検討することをおすすめします。初回購入は、CBD濃度が3%程度のCBDオイルから購入することをおすすめします。そこから徐々に濃度を上げてみましょう。

初心者の方ですと、スロベニア産の厳選されたオーガニックCBDブランド「ヘンプタッチ 」がいいのかな、と感じています。

ヘンプタッチ社の魅力は「CBDオイル濃度3%が初回980円」という試してみるには丁度いいCBDオイルを販売しているところがポイントです。興味のある方は是非とも下記を参考にしてみてださい。

【試してみた】ヘンプタッチCBDオイル | 初回980円
今回購入したのはhemptouch(ヘンプタッチ)社の「CBDオイル 150ml 3%」です。通常2,980円のCBDオイルが初回限定980円(お一人様1回限り)というクーポンを利用して購入しました。CBDオイルの効果などをレビューしていきます。
初回980円CBDオイルを試してみる
タイトルとURLをコピーしました