CBDとCBNの違いは?【効果や使用法・副作用まとめ】

今回のポイント
  • CBDとCBNはどちらも麻由来のカンナビノイドですが、効果が異なるので使い分けが必要です。

  • CBDは不安、発作、痛みについて研究されてきましたが、CBNは睡眠、食欲改善、痛みの治療に最も役立つと考えられています。

  • CBDまたはCBNの服用を開始する前に、かかりつけ医に相談してください。


CBDとCBNの違いは?【効果や使用法・副作用まとめ】

カンナビノイドは麻から抽出できる主成分のことです。代表的なもので、テトラヒドロカンナビノール(THC)やカンナビジオール(CBD)などが挙げられます。

中でもCBDは、主要カンナビノイドの1つですが、CBNはレアカンナビノイドと呼ばれる貴重なカンナビノイドのひとつです。

今回はCBDとCBNの代表的な効果について、そしてそれらがあなたの日常生活にどのように役立つ可能性があるかについてまとめましたので是非、最後までお読みください!

CBNとCBDとは?共通点は?

CBNはCBDと異なるカンナビノイドです。ただし、いくつかの類似点があります。

  • どちらも麻から抽出できるカンナビノイドである。

  • 共に内因性カンナビノイドと相互作用する。

内因性カンナビノイドとは?

内因性カンナビノイドとは、脳内にもともと存在し、マリファナに類似した作用と構造を持つ物質の総称です。

カンナビノイド受容体は、CB1とCB2の2種類ありCB1は中枢神経系に、CB2は免疫系に多く発現しています。さまざまなカンナビノイドがこの受容体(CB1,CB2)と結合すると様々な影響を及ぼします。

たとえば、THCが結合すると、陶酔感や高揚感を感じます。ところがCBDが同じ受容体に結合すると、 THCのような陶酔感は感じずに、リラックス感をもたらす可能性があります。

CBDについて

CBDは代表的なカンナビノイドのひとつで、麻から抽出できる主要成分です。

CBDにはリラックス効果や抗不安効果が認められ始めており、鎮痛剤や睡眠薬の依存や副作用などに苦しんでいる方などに使用されています。

CBD自体に依存性や副作用は認められておらず、WHO(世界保健機構)も安全性を認めています。

CBDの効果

CBDに認められ始めている効果は以下になります。

  • 抗炎症および抗酸化

  • 抗てんかん薬(エピジオレックス薬など)

  • 抗不安および抗うつ剤

  • 吐き気と嘔吐防止

  • 鎮痛

CBDの摂取方法

現在CBDは様々な方法で摂取することができます。

特に国内で人気のアイテムはオイルです。

CBDの効果

CBDはリラックス効果が認められ始めており、不安や鬱症状を改善することに期待されています。また、抗炎症作用も認められ始めておりスキンケアとしての分野でも非常に人気があります。

CBDでスキンケア対策はできる?効果や効能について調べてみた
ウェルネス業界においてCBD(カンナビジオール)の効果が少しずつ認められ始めてきており、様々なCBD製品が登場してきました。最近ではCBDと美肌の関係も認められ始めてきておりCBDコスメのアイテムが増えていきているのも事実です。そこで今回は英国発ブランドネイチャーカン(Naturecan)のCBDスキンケアシリーズを実際に購入して使用したレビューをしたいと思います。


CBNについて

THCが酸化されたり過度の熱や光にさらされたりするとCBNに変わります。THCが除外され元素にさらされるとTHC分子の多くがCBNに変わります。時間と酸素があるとTHCがCBNに変化します。CBNの含有量は古くなった大麻草に多いため、CBNの医療効果は最近までほとんど気づかれませんでした。

THCに抵抗のある方に

現在はCBD と同様にTHCに抵抗感のある人が使える、精神作用を引き起こさない治療薬として研究が進んでおりCBNグミやCBNリキッドなどさまざまな製品があります。

CBNの主な効果

CBNはCBDほど多くの研究結果はありません。ですが、他のカンナビノイドと同様にCBNは抗炎症作用が確認されています。その他、CBNに期待されている効果は次のとおりです。

  • 睡眠改善
  • 食欲改善
  • 疼痛効果

個人的にCBNは睡眠改善の効果を感じました。

睡眠の補助として使用する人が多いほか、マウスを用いた基礎研究ではCBNには食欲増進の効果も認められ始めています。

また、CBNには強力な抗炎症作用が認められ始めており喘息や関節炎をはじめとする様々な症状に役立ちそうです。

CBDやCBNの副作用は?

前提としてCBDやCBNの効果は人によって様々です。大量に摂取しても効果を感じない人もいれば少量でも大きな効果を感じる人もいます。

基本的にメーカーで推奨する摂取量はあなたの年齢や体重を考慮していないので、あくまで少量からスタートし、徐々に摂取量を増やしていく方法をおすすめします。

CBDとCBNの一般的な副作用は以下です。

  • 眠気

  • めまい

  • 吐き気と嘔吐

個人的な感想ですがCBNは「睡眠改善に期待できる成分」ですので「眠気を副作用と感じるか」は個人差があると思います。

CBDとCBNを混ぜることはできる?

結論、CBDとCBNを混ぜることができます。イギリスのCBDブランド ネイチャーカンには代表的なアイテムにCBDとCBNを混ぜたオイルがあります。

さらにいくつかの研究ではCBDとCBNを一緒に摂取することは別々に摂取するよりも、相乗効果に期待できる可能性が高まってきています。

つまりCBNを単体で摂取するよりもCBDと一緒に摂取することで相乗効果(アントラージュ効果)に期待ができるという訳です。

【アントラージュ効果】ってなに? CBDがもたらす【相乗効果】
本記事ではCBDの効果を最大限引き出すとされる「アントラージュ現象」に関してCBD推進派・反対派の意見を交えながら海外の文献を中心にまとめています。CBDでアントラージュ効果を得るためにはどうしたらいいのでしょう?

CBDとCBNの違いは?

CBDとCBNはどちらもカンナビノイドですが、以下のような違いがあります。

  • CBDは広く研究されてきました。(CBNの研究は近年になって進んできている)
  • CBDとCBNはどちらも睡眠について研究されています。ところが単独で使用する場合はCBNのほうが効果を感じる可能性は高いです。(個人差あり)

米国で唯一CBDが承認された医薬品はてんかん治療薬のエピジオレックスです。CBNが承認された医薬品は現在はありません。

なぜCBNはCBDよりも高価なの?

大きな理由はCBNはマイナーカンナビノイドだからです。

THCが酸化したり、熱や光にさらされたりするとCBNに変わります。THCが除外され元素にさらされるとこれらのTHC分子の多くがCBNに変わります。

また、CBNは自然には発生しません。THCが酸化してCBNに変わるまでには時間がかかります。単純にコストもかかります。CBNのコストはCBDの最大10倍になるとも言われています。


CBDとCBNは合法?

結論、CBDとCBNは合法です。第3者機関の厳しい検査をクリアしたブランドであれば安全性は非常に高いと言えます。


【まとめ】用途に合わせてCBNとCBDを活用しよう!

CBDやCBNは依存性の強い睡眠薬や頭痛薬に頼ることなく悩みの症状に改善が期待できるできる成分です。

使用目的もCBDは不安、発作、痛みについて、CBNは睡眠、食欲改善、痛みの治療に効果が期待されています。皆さんの目的に合わせて、上手に活用してください!

※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。

タイトルとURLをコピーしました