【超入門】CBD の始め方 | 初心者ガイド 〜ストレスから解放されよう〜

最近耳にする「 CBD(カンナビジオール)」。注目されているのは知っているけど一体どんな成分なのでしょう?

「大麻草由来だけど合法」という刺激的な側面からCBDの購入を検討している方も多いのではないでしょうか?

本記事では、そんな注目成分であるCBDについて初心者の方でも分かりやすいガイドに仕上げました。

これからCBDを始めたいと思っている方や、具体的にどんなCBD製品があるか知りたいという方向けになっていますので肩の力を抜いて、気軽に読み進めてくださいね。

CBD(カンビナジオール)って?

CBD(カンナビジオール)というのは、簡単に言ってしまうと大麻草から抽出された成分です。主な効果として、不眠症改善・疼痛改善・抗炎症効果など色々な効能が認められ始めている世界中で注目の成分です。

CBDは副作用や依存性も認められておらず、安心・安全に使用することができます。みなさんが大麻草で想像するであろう「麻薬」「ハイになる」というものは、「THC」という成分であり、THCは日本でも違法成分となりますのでご注意ください。

一方、CBDに関して言えば合法成分となります。元々はてんかんの治療薬として承認された後に不眠症改善・疼痛改善・抗炎症効果が認められ始めた、という訳です。

副作用に関して心配な方はこちらの記事で詳しくまとめていますので、気になる方はこちらの記事もご覧下さい。

 

 

初心者必見!CBDのアイテムを知ろう


CBDは実に様々な製品で発売されています。
CBD製品で代表的なものが

  • オイル
  • Vape(電子タバコ)
  • グミ
  • カプセル
  • スキンケアアイテム
  • バスアイテム

といった具合で、多くの製品が発売されています。種類が多い上に、いまいち効き目もわからないと言った問い合わせも多く頂くのも事実です。これではどれを選んでいいのか悩んでしまいますね。

 

手短にまとめていきます。

 

これからCBDを始めるなら

初心者の方には「CBDオイル」または、「CBD グミ」をおすすめします。

理由としては、CBDの摂取量を調節しやすいためです。CBDオイルはスポイトで摂取量を調整できますし、CBDグミの場合は、ほぼどのブランドも1粒の含有量を明記しています。

CBDオイルは舌下に数滴投与して1分ほど口の中に留めておくと効果を実感しやすいと言われており、自分の適量を知るために調節しやすのが大きなポイントです。

 

ちなみに、CBDの効き目には個人差があります。

 

CBDオイルのおすすめブランドは、ヨーロッパのCBDブランドであるhemptouch(ヘンプタッチ)、イギリスのCBDブランドのネイチャーカンが、高品質でおすすめできます。

ヘンプタッチの詳しい情報はこちら

 

ネイチャーカンの詳しい情報はこちら

 

CBDグミですと、アメリカ最大手のCBDブランドであるCBDfxがおすすめです。

CBDグミは基本的に高濃度の商品が多いのでCBDをこれから始める方はCBDグミを半分にカットして摂取することで調整が可能かなと思います。

こちらも実際に購入したレビューがありますので参考にしてみて下さい。

 

短時間で効果を実感したいなら

肺からCBDを気化摂取した場合は短時間で効果を感じやすいと言われています。そこでおすすめなのが、CBDをVape(電子タバコ)で吸引する方法です。専用のデバイスにCBDリキッドを充填するタイプや使い捨てのCBD Vapeタイプがあります。

おすすめは+WEED(プラスウィード)GREEN BULLDOG(グリーンブルドッグ)です。フレーバーの種類も豊富で高濃度商品も取り扱っているのでとても人気があります。

肌の抗炎症作用には

CBDには抗炎症効果も認められ始めているのでCBDが配合されたクリームやスキンケアアイテムが人気です。特にアスリートに人気なのが「クリームタイプ」です。炎症した部位に塗ることができるからです。ニキビや日焼け後の肌の炎症にはスキンケアアイテムがおすすめです。

 

CBDの適切な摂取量を知ろう

ここ大事なポイントなんですが、CBDの効き目は個人差があります。

したがって自分の適正量を的確に把握することがとても大切です。CBD の含有量をパーセンテージ(%)で表記している製品がほとんどだと思うので低濃度のCBD製品を少量から調節することがベストです。高濃度の目安は15%以上かなというのが私見です。

CBDオイルですと1-2滴からスタートすることをおすすめします。私の実体験から言いますとCBDを始めたばかりの頃3%含有のCBDオイルを3-4滴を摂取することで明らかにCBD の効果を感じることができました。

CBDグミも摂取しやすいタイプのひとつです。寝る前に食べるだけでリラックスして熟睡することができるかもしれません。アメリカでは睡眠薬や鎮痛剤の依存性が社会問題にまでなっていますので、まさにCBD は救いの成分となっているという訳です。濃度の目安は15%〜25%です。初心者の方は半分にカットして食べてみるのがいいでしょう。



CBDリキッドも摂取しやすいと思います。タバコに抵抗のない方などは特におすすめです。濃度はCBD オイルやCBD グミよりも高い傾向にあります。濃度40%クラスも普通にあります。



安全なCBD製品の見分け方を伝授します

続いて、安全なCBD 製品の見分け方をまとめたいと思います。筆者はCBD を購入する際に以下のポイントを着目しています。

  • cGMP/GMPマーク取得製品か?
  • ラボテストを確認できるか?
  • CBD 抽出方法は?
  • 価格は妥当か?
  • 添加物は?

cGMP/GMPマーク取得製品か?

GMPはGood Manufacturing Practice(医薬品等の製造管理および品質管理に関する基準 )の事で、製造から出荷まで安全性や品質管理が保たれるようにする為の基準の事です。

参考までにアメリカと日本のGMPの比較はこちらです。

アメリカ日 本
製造工程ガイドライン815ページ5ページ
製造・品質管理の厳しさ法律で義務付けられている任意でOK
成分は表示通りに
入っているか?
原材料と加工してからの各1回合計2回の検査が義務付けられている。検査しなくてもOK
成分は体内で
きちんと溶けるか?
法律で義務付けられている検査しなくてもOK
異物混入の恐れ金属探知機での検査を義務付けられている。検査しなくてもOK
認定機関による
立ち入り検査の有無
政府の専門機関(FDA)による
抜き打ち検査が行われる。
なし
認定機関アメリカ合衆国FDA①JIHFS一般社団法人日本健康食品規格協会


②公益財団法人日本健康・栄養食品協会

引用:https://www.cbd-oil.jp

このように「日本製=安心」ということではなく、むしろ海外の基準の方が厳しいです。つまりCBD に関して言えば「海外のGMP基準に合格した正規代理店」で購入するのが一定の安全性を保つことができると考えられています。

GMPよりも更に基準が厳しいのが「cGMP」。こちらは参加国に対して、「最新の製造工程」を用いてすべてのガイドラインに従う必要があることを注意喚起しています。

ラボテストを確認できるか?

海外のCBD ブランドを確認すると 3rd party lab test と明記されたページがあります。これは第三者機関によるテストをクリアしている製品ということを意味しており、GMPと並ぶほどの安全性があるので、確認することをおすすめします。

日本で販売しているCBD ブランドに関しても「第三者機関によるテストをクリアしています」という文言だけでなく、「ラボテストの結果をサイトで公表している」と更に安心できます。

ついでに言ってしまうとラボテストの日付も数年前のものではなく、最近のものであれば「更新している」という証ですので安心感は増します。

 

CBD の抽出方法は?

CBD の抽出方法は主に2種類あります。

  • アルコール抽出
  • 超臨界二酸化炭素抽出

アルコール抽出方法は低コストで抽出することが可能なのでCBD製品の価格も抑えることができます。しかしながら品質も低くなります。また、抽出の段階で不純物(エタノール)が残留する可能性もあるので、個人的にはおすすめしません。

超臨界二酸化炭素抽出方法は二酸化炭素を「超臨界流体」の状態にして抽出する方法です。物質に一定以上(臨界点以上)の圧力や温度をかけると、その物質は超臨界状態になり、成分の抽出率に優れているとされます。つまり、コストはかかりますが、高品質であると言うことになります。

要注意なのは「抽出方法を記載していない」というCBD 製品は選択しない方がいいでしょう。

超臨界二酸化炭素抽出方法を採用している主なCBD ブランドをこちらの記事で詳しくレビューしています。

 

 

添加物は入っていないか?

できれば完全オーガニックで化学物質の混入していないCBD 製品を選びましょう。原料の大麻草だけでなく、全ての成分が理想です。

オーガニック栽培した大麻草を使用したCBD 大手ブランドをこちらの記事でまとめています。

 

 

【まとめ】 CBD を活用して人生をより良いものに

2−3年前に英国(イギリス)人上司から「リラックスできるアイテム」と教わったCBD。当時はさすがに怪しいと思いましたが、現地に行ってみると普通に販売されており広く認知されていることに気がつきました。

当時は日本では購入が難しく、ほとんどの人が知らない成分でした。一足先に欧米諸国でブームに火が付き、2019年くらいから本格的に日本にも情報が届いている状況です。

最近では間違った情報や過大広告なども見受けられるようになってきましたので、皆さんの目でしっかりと確かめて自分にあったCBD製品を選んでくれることを願っています。

 

 

※個人の感想であり効果・効能を示すものではありません。

※当サイトでご紹介する商品は、医薬品ではありません。また、病気の診断、治療、予防を目的としたものでもありません。

タイトルとURLをコピーしました